« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月20日

海の日コンサート

今週月曜日16日は海の日でした。

海洋国家の日本各地では、海の日に因んだ行事が開催されたことでしょう。
日頃忘れがちな、海からの恩恵、海との歴史、海への感謝を思い出す日ですね。

さて、この海の日に、毎年、自衛隊音楽隊による「海の日吹奏楽コンサート」が開催されていまして、
今年は「陸上自衛隊中部方面音楽隊」が演奏を披露してくれました。

これは、地元自衛隊協力会の皆さんが中心となって開催するコンサートで、
私もここ数年、防衛協会青年部会の活動の一環として、音楽隊のお世話係をさせて頂いています。
(あまりお役にはたっていませんが)

今年もすばらしい演奏と楽しい演出で多くの市民の楽しませてくれました。
と同時に、自衛隊の音楽隊だけに、キビキビした態度で、清々しさと頼もしさに感動します。

海の大切さとともに、自衛隊の大切さも感じることのできる、毎年の海の日です。

2007年07月15日

神主さんの研修

10日から、伊勢の「神宮道場」いうところで5日間の研修を受けてきました。

初日からず〜っと雨で、毎朝の内宮参拝や禊(みそぎ)も中止となり、本当に缶詰状態での研修と
なりました。

どういう講義を受けたかといいますと、
「神社本庁の業務と課題」 「皇室の祭祀」 「現代の教育と神道」 「神道行法について」
「心の教育・心の習慣」 「日本の元徳」 「形と心」 「日本人の歴史観と生き方」

どれも素晴らしい講義でしたが、普通の講義と違った雰囲気でに印象的だったのが、
 「心と形」  写真家の藤原新也さん
 「日本人の歴史観と生き方」  『武士の家計簿』の著者磯田道史さん でした。

この研修で苦労したのは、夜10時の就寝です。
日頃なら目がさえている時間ですし、禁酒ですから、なかなか寝付きません。
なんとなく浅い眠りのまま、朝を迎えることになります。

やっと終わった最終日は、台風の影響で強い雨でした。
雨でビショビショになりながらも「おかげ横丁」にかけ込み、5日ぶりのお酒のおいしさと
研修が終わった充実感を友と味わった次第です。

2007年07月08日

小暑

今日は梅雨の晴れ間の日曜日となりました。
朝、境内を掃きながら・・・「ジージー」っと蝉の鳴き声が耳に届きました。
いよいよ夏が来るんですね。

昨日が二十四節気では「小暑」。
「小暑とは、梅雨明けが近く本格的な暑さが始まる頃。集中豪雨のシーズンで、蓮の花が咲き、
蝉の合唱が始まる頃である。 」といわれています。

良く当たっているなあと感心しながら、隣の九州地方は大雨で大変な状況だけに感心してる場合
ではありませんが。

今週は月曜日から土曜日まで伊勢に入り、神宮近くの「神宮道場」で神職の研修です。
五日間缶詰の研修で、非日常の生活となりますが、心も体も頭も正して来たいと思います。

伊勢地方の天気も、雲マークと傘マークでした。