« 2007年08月 | メイン | 2007年10月 »

2007年09月21日

暑いけど元気で行こう

彼岸に入ったのに、夏のような天気が続いていますね。

15日は秋祭りの本殿祭、17日は御神幸祭も終わり、もうすぐ秋分の日。

もう秋の気配が深まってこないと・・・この天気いつまで続くのでしょうか。

市内では、この土日がだいたい小学校の運動会だと思いますが、この暑さですから
子ども達もそして親御さんも大変ですね。

さて、当神社のすぐ裏手には周南市野球場があります。

今朝掃除をしながら、野球場の方から場内アナウンスや選手の掛け声、
カキーンというバットの音などが風にのって聞こえてきました。

そういえば、「今日から高校野球の秋の大会が始まります」って朝のニュースで言っていました。

高校時代をふっと思い出しながら、選手達の元気な掛け声を聞いて、

「俺も元気出して行かんといかんなあ」
「そうだ、野球で声を出すのは、自分の中から元気を出すためだ」
「元気は自分から出さないと出ないんだ」

なんてことを思い出しました。

よって、朝礼では「元気は自分から出すもの。暑いけど元気を出して行こう!」、とみんなに。

元気は、「人が元々持っている前向きな気力」ですから、出せば出るんですよね、きっと。

2007年09月07日

総本宮

5日、山口県内の八幡さま関係者の研修旅行で、八幡さまの総本宮である宇佐神宮に
参拝してきました。

以前もこの会の研修旅行で、10年前にも参拝しましたが「八幡さまのふるさと」に来た、
そんな心地でした。

1300年以上昔に、この宇佐の地に祀られた八幡さまが、遙々遠石にもお姿を現されたのです。
これが、遠石八幡宮の起原です。

伊勢の神宮に次ぐ神社として崇敬された宇佐の神宮。

八幡さまのふるさとへ、皆さんもぜひお参りしてみて下さい。

八幡さまの神秘さを感じることができるかもしれません。

それにしても天気が良くて、長い長い参道を歩いて、汗びっしょりに。
正式参拝をさせて頂くので皆さんスーツでしたから。

DSCF0281最終.JPG

2007年09月01日

夏の終わり

今日から9月。もう9月ですね。

毎月1日の「月始祭」を奉仕する度に、月日の過ぎる早さを痛感します。

ここに来て、猛暑、猛暑といっていた夏も、いつの間にか和らいできたようで、
朝早くには虫の音が、昼には蝉の声が聞けて、晩夏から初秋への移り変わりを
肌や耳から感じるこの頃ですね。

先日には、当宮1300年式年大祭奉賛会の世話人会が開催されました。

これから、いよいよ多くの方々にお世話になるので、身の引き締まる思いです。

1300年の節目にあたり、神社と地域の歴史、神社と人々のつながり・・・
いろいろな事に気づいたり、学んだりする機会を頂いています。

事が大きければ大きいほど、そこに立ち向かう人は自ずと己の力を思い知らされ、
事が大きければ大きいほど、謙虚な気持ちで臨まなければならないのかもしれません。

改めて、自分一人の力の弱さ、人の心の温かさや人の力の尊さをつくづく感じる、
夏の終わりです。