« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

2008年02月23日

皇太子殿下お誕生日

今日は大安の土曜日ということで、当宮神前で結婚式を挙げられた新夫婦は6組。
たくさんの新夫婦が、神さまのお導きで仲睦まじく、温かく堅実な家庭を築いていってほしいですね。

僭越ながら、実は今日、わが夫婦も「結婚記念日」なのです。
よく続いてまいりました。神さまのお陰以外に考えられません。感謝です。

思いおこせば、17年前の今日は、平成3年の2月23日。
浩宮さまが皇太子殿下になられた立太子礼の日でありました。

そう、今日は皇太子殿下のお誕生日です。

新聞で「皇太子殿下48歳を迎えられる」という記事を見ましたが、
宮内庁長官が心ない発言をしたようですね。
皇太子殿下のご心中に、ご同情を禁じ得ない思いがいたします。

雅子妃殿下のご体調が未だすぐれないご様子であることに加えて、
心ない役人の発言や、非礼な報道が繰り返されているからであります。

畏れ多くもご皇室と一般の家庭を同列に並べて考えるつもりは毛頭ありませんが、
家族にとって、妻であり母である存在の方が病気になった時、夫や子はどれほど辛いか、
努力しておられるか、どんな家でも同じ事なんですから。

わが妻は、17年間、口も体も達者で有り難い限りです。
健康という財産はやっぱり一番大きいですね。

2008年02月16日

神道講座

遠石会館がスポンサーをしている「ぺぶる」という女性グループがあります。
携帯サイトで情報発信しながら、セミナーやイベントを開催しています。

その「ぺぶる」のセミナーで「神道講座」と題してお話しをしました。

以前3回ほど神社や神話のことなどについてのお話しをしてきましたが、
今回は「伊勢の神宮について」というリクエストをいただきました。

伊勢の神宮では、20年に一度社殿を新しくして行われる「式年遷宮」というお祭りが始まっています。

最近は、女性向けの雑誌などでもとりあげられているせいか、若い女性たちの間でも神宮への関心が
高まってきているようです。

ぺぶるを率いる編集長の松原さんは、以前神宮にお参りした時の感動をみんなにも体験してほしいと、
今年は「ぺぶるお伊勢さんの旅」を企画するそうです。

DSC_0290.jpg DSC_0296.jpg

神宮のDVDを観てもらいながら雰囲気を感じてもらい、伊勢の神宮が全国の神社と違って、
日本において、国民にとってどのような神社であるのか、を伝えたかったのですが、
どうだったでしょうか?

今回の神道講座にも、新しい顔ぶれの方が数名いらっしゃいました。

日本の伝統・文化・歴史をもっと知りたい!という女性たちの気持ちが、とてもうれしく、頼もしく
思いました。みなさん、将来のお母さんですから。

2008年02月05日

節分と立春

3日 節分

今年の「節分祭」は、日曜日ということもあり、例年に増して多くの方にお参りを頂きました。

「厄除ぜんざい」の接待も、例年より多く準備したにもかかわらず、例年より1時間早く終了となりました。
お召し上がり頂けなかった方、申し訳ありませんでした。

そして、午後になり雨が降り始め、「奉射演武」や「豆まき神事」がどうなるかと心配しましたが、
神さまのお陰で無事に行うことが出来ました。

IMG_1520.jpg IMG_1452.jpg


弓道連盟有志の皆さんは、そんな悪条件の中にもかかわらず、すばらしい演武を披露して
下さいました。


4日 立春

女優の浅野温子さんが来宮されました。
1300年祭の記念行事として行う予定の、語り舞台「日本神話への誘い」の開催に向けた
ご挨拶ということで。

DSCF2266.JPG


今回は山口県で3カ所の公演予定で、当宮では10月11日に開催の運びとなりました。

この日は防府天満宮から遠石にお越しになり、その後山口放送にご一緒しました。

会長さん社長さんにご挨拶され、ラジオ、テレビに生出演されましたが、浅野さんが気さくで、
思いやりのある人柄の方なので、どこでも周りの空気が明るく、和やかになります。

生出演された「熱血テレビ」のスタジオの中も、とても楽しい雰囲気だったですよ。

秋の語り舞台に向けて、いよいよ準備開始です。