« 2009年02月 | メイン | 2009年04月 »

2009年03月27日

お江戸

久しぶりにお江戸に行って参りました。

神社関係の研修会に参加してきたのですが、会場は永田町の「自民党本部」。

DSCF0122.JPG


テレビのニュースでは見るものの、入ったのは初めて。

門にはものものしい警備、建物に入って受付をした後、エレベーターに向かって行くと・・・

エレベーターの中から小池百合子議員が颯爽と降りてこられました。

「わあ、小池さんだ!」と思わず声が出てしまい、お上りさん丸出し。


研修会は、神社界として農業・食糧政策を考える、というテーマで行われたのですが、

専門家の講師先生方から、貴重なお話しを賜って参りました。


懇親会には、自民党議員の方々が次々に参加されて、会場も一杯でした。

地元からは、安倍元総理、岸信夫議員も参加して下さいました。


研修会終了後は、羽田に向かう途中、靖国神社にお参りに行きました。

DSCF0131.JPG


花見シーズンを迎えるため、参道には露店がずら~っと並んでいました。

来週あたりから、ここは花見客で大変なことになるんでしょう、きっと。


靖国神社の桜は2分か3分咲き、といったところでしょうか。

靖国神社は、大村益次郎が創建に関わり山口県と縁が深いわけですが、

桜も、木戸孝允が植えられたのが最初だったんですね。

DSCF0130.JPG DSCF0128.JPG


2009年03月23日

人生劇場

土曜日、日曜日と、2組の結婚披露宴に出席しました。

二日続けて出席したのは初めてでした。


結婚披露宴には、新郎新婦の人柄が大きく映し出されますね。

それぞれに、感動しましたし、幸せな気分にさせてもらいました。


披露宴の中で流れる、生い立ちの映像や、祝福の数々、そして感動の涙・・・

この時間は、言ってみれば「新郎新婦の人生劇場」。


今日までそれぞれの家庭で育まれてきた二人が、今日から一緒に新しい家庭を築いていく。

こうして、夫婦の歴史、家族の歴史が連綿と続いていく。

人の歴史はこうして続いてきたんですよね。


人は命ある限り人生劇場の主役なんだなあ、と思い直しました。

2009年03月20日

ETC

今週の月曜日、ETCを取り付けようと、休みをとった。

3月末までなら助成金がでるし、高速料金も安くなるとのことで、いざカー用品店に。

結構時間もかかるかも、と朝早くに出かけたが、土日で一気に売り切れた様子。

いつ入荷するかもわからない、とのこと。

文句の一つも言いたかったけど、店員さんにあたっても気の毒かと飲み込んだ。

先週電話で聞いた時には、「十分入荷してますから・・・」ということだったのに。

他の店に電話してもやはり同じ。しょうがない。

でも、指定店と指定じゃないお店もある。

どこでも買えるようにしないのはなぜだろう。

5000円はあきらめて、また、しばらくしてつけるしかないか、と思っていたら、
どうも延長されるらしい。

うれしいけど、国のやることが、こんないいかげんな計画で良いのか、と思った。

結局その日は、滅多にこんな休みはないと、女房と母の指示のもと、家の掃除に汗を流した。

次は、よく確認して買いに行くぞー。待ってろETC。

2009年03月14日

錦鯉

遠石会館のエントランスホールの中庭には、滝が流れています。

そこには、小さいながら池があり、錦鯉がいます。

今日、新たに3匹が仲間入りしました。緋鯉1匹と紅白2匹です。

DSCF0109.JPG


結婚式がご縁で、以前から鯉を奉納して頂いたり、飼い方の指導を頂いてた

守田さんがお亡くなりになり、この度弟さんから奉納して頂きました。

日頃、鯉のお世話にあたっている常務曰く、

「守田さんは、“守田の紅白”と言われていた有名な方」だったそうであります。


会館を訪れるお子さん達には、「タイタイ」と呼ばれ人気のある池の鯉。

鯉の飼い方や池の環境には、常務や松尾君も気を遣っているようですが、

いろいろ難しいこともあるように聞きます。

元気に育ってほしいですね。

2009年03月10日

児玉神社例祭

今日は、旧陸軍記念日です。

日露戦争において、日本軍が奉天に入城した日です。

よって、ご祭神の功績を偲ぶ日にふさわしいことから、

児玉源太郎陸軍大将をまつる児玉神社では、本日例祭が行われました。


平成14年は、ご祭神生誕百五十年。 15年には児玉文庫開設百周年。

17年は、日露戦争講和百周年。 18年ご祭神没後百年。

ここ近年行事が続き、関係者のご尽力もあって、ご祭神への崇敬が広まりました。

よって、年々参列者が増えているようです。

救国の軍人、郷土の偉人、市民のみなさんと共に、大切にして行かねばなりませんね。


本日は、宮司、一木権禰宜、巫女山本、の奉仕で奉仕されました。

DSCF0098.JPG
山本静香撮影

受験

今日、3月10日は、公立高校の入学試験の日。

今朝は、お子さんのためにお参りに来られている親御さんの姿を、
何人も目にしました。

受験生のみなさんが、これまで努力してきた成果をしっかり発揮できることを、願うばかりです。


受験というものは、ほんとに大変です。好きな人はいないと思います。

しかし、これを乗り越えることは、とても大切なように思います。

それは、努力してきた分、頑張っった分、そのことが、人生において後々、

自分自身の財産になる、そう思うからです。

でも、大人になるとそんな風に思えるのですが、受験生にとってはそんな風に思う余裕は

ないですよね。実際。


以前、金美麗さんの著書の中に、受験のことについて

「逃げずに立ち向かう、辛いことに堪える、そういう力を養う時期が人生には大切である。」

といったような言葉があったように記憶しています。


受験という試練に、どのように立ち向かったか。これは、自分自身にしかわかりません。

私などは、よく勉強してるようなふりをしていた、勉強した気分になってた、
そんな昔を思い出しますが・・・。


何はともあれ、受験生のみなさん、しっかり、落ち着いて、がんばれ!


来年は、わが家にも受験がやって来ます。

2009年03月07日

田母神さんが岩国で講演

2月に名古屋で、前航空幕僚長の田母神俊雄さんの講演を拝聴する機会に恵まれました。

田母神さんは、日本は悪いことばかりしてきた国ではない。
日本はいい国だと言い続けてきた立派な自衛官です。

そのことを論文に書いたら日本でけしからんと言われ、自衛隊もクビになりました。
そして、あの国会でのイジメに対しても、堂々と志を貫かれた方です。

お話しを聞いて、このままでは日本は危ない、と改めて感じました。

このような方こそ、日本の自衛隊になくてはならないはずでした。


その田母神さんを迎えての講演会が岩国で開催されます。

  3月24日(火) 18:30~20:00 岩国市民会館大ホール 

  入場券500円  どなたでも参加自由です

山口県内では6月にも講演会が予定されているようですが、ぜひ足をお運び下さい。


先日、櫻井よしこさんの講演会の様子を書かれた記事の中で

 「国民とは国のことを考える民のこと。庶民から国民にならなければいけません。」

という言葉が目にとまりましたが、田母神さんのお話しは、

まさに私達が、「国民として知っておかねばならないお話し」だと思います。


DSCF0097.JPG

2009年03月05日

雪の福山

3月3日、ひな祭りの日、広島県は福山市の福山八幡宮へ行き、
御鎮座325年式年大祭に参列してきました。

この日、新幹線の車窓では、岩国あたりから東は雪。
福山では今年最初の雪となったそうです。

DSCF0072.JPG


近い場所でもあり、天気予報をよく見て出かけておらず、後悔!

愛媛から来られた宮司さんに駅でホッカイロを頂き、神社受付でもホッカイロを頂きましたが、
久しぶりに手がかじかむ寒さでした。


厳粛な祭典に続いて、奉祝舞楽が奉納されましたが、宮司さんと雅楽会の会長さんが
大学の同期生とのご縁で、雪の中にもかかわらず屋外舞台で行われました。

DSCF0075.JPG

寒いながらも、こんなに近くで舞楽を拝見できたのは初めてでした。
有り難き幸せ。


この度、記念事業でご本殿の塗りや金具も、造営当時に見事に復元されたとのことでした。
本当に素晴らしい色彩でした。

DSCF0085.JPG

2009年03月01日

講話の研修

先日、久々に神主さんの講話研修会に参加しました。

やはり、一生修行、一生勉強ですね、何の世界も一緒だと思いますが。


古来より神主は、ただひたすらに祭祀を奉仕し神と人との仲をとりもつのが務めであります。

神社も、布教宣伝をするいわゆる宗教とは違う世界に属していましたので、

説教などもしてきませんでした。

また、古くから「言霊(ことだま)信仰」という、言葉の霊力を信仰してきましたので、

口に出す言葉というものをとても大切にしてきた歴史があります。

よって、語ることに非常に慎重でもありました。


しかしながら、現代社会では「語らずば伝わらず」という現実もあり、

神主が祭典後に講話をすることが大切になっています。

この日は、そうした神社での講話を実習する研修でしたが、

なかなか先輩方のようにうまくはいきません。

まだまだ修行が足りません。反省しきりです。


こういう時、「稽古不足を~幕は待たない~」という歌詞を思い出します。

これは、ある方が梅沢富美男の「夢芝居」という歌の中にこういう歌詞がありますが・・・

と話されたことがあって、未だに思い出すことがあります。

次回は、5月にまた実習せよ、とのご沙汰がありましたので、

幕が開く前に、しっかり稽古をして臨もうと思っております。


今日から弥生三月です。 

今日は高校の卒業式でもありました。

晴れやかな、いい天気になりました。


  会館ロビーに生けられた 桃の花

DSCF0069.JPG