« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月15日

H君のお話し

先日のブログで、「ぺぶる」を「女性たちの遊び場」と紹介したところ、

編集長の松原さんから早速ご指摘を。

「遊び場じゃなく学び場ですよ、ってスタッフからブーイングがきてます(笑)」

ということでした。

大人になると、遊びも学びも一緒のように思えたので・・・

どうぞ、ぺぶるで「まなあそび」をして下さい。


さて、感心したお話しが。


ある会合で友人のH君に会いまして、

「建国祭の日に児玉神社にお参りに行きました。初めて昇殿させて頂き、

 建国祭に参列させて頂きました。」と、話してくれました。


建国祭の日は、兼務神社である児玉神社でもお祭りをしましたが、

雨で例年の関門地区の行事は中止となり、お祭りだけを当宮の一木権禰宜が

奉仕に行っていました。


そこで昨日、その一木君に

「児玉神社の建国祭に参列された方の中に友人のH君がいて、初めて昇殿させて頂いた

 と喜んでたよ。」と報告しました。

そしたら、一木君から

「ああ、小さいお子さんを連れてご家族でいらした方でしょうね。
 
 そのお子さん、君が代をちゃんと歌ったんで感心したんですよ。」とのこと。


H君、すばらしいですね。

まだお子さんは幼稚園だと思いますが、君が代を家庭で教えられてるなんて。


親が大事に思うことは、学校任せでなく親が教える。

これが、昔から日本の教育の基本でしたね。

改めて、H君に気付かせて頂きました。


わが家はもはや手遅れ気味ながら・・・

2010年02月13日

手作り

遠石会館がサポートする女性たちの遊び場「ぺぶる」。

ウェッブサイトを運営し、いろんなセミナーイベントを開催して、
女性の輝きを応援するグループです。


今年、「ぺぶる」は飛躍の年になりそうです。

編集長の松原さんの気合いが伝わるからです。

どうぞご期待下さい。

さて、先日開催のセミナー「レザークラフト」に、私も参加しました。

会場へご挨拶に伺ったところ、空きが出たということで。

女性に交じって、キーホルダーづくり。


皮、糸、金具を選び、皮を膝で固定し針で糸を編んでいきます。

膝で挟む姿勢がつらかった~、でも楽しかった~。


%E3%81%8D%E3%83%BC%E3%81%BB%E3%82%8B.JPG

少しだけでも手作りすると、愛着が湧くものですねえ。


2010年02月11日

国家の大切さ

節分、立春が過ぎ、今日は建国記念の日です。

立春以降、暦通りに温かさを感じる日が多くなりました。


今日は朝から雨模様で、参道に国旗を掲揚できぬままになりましたが、

建国祭を行いました。


家庭では、家族の誕生日を大切にする人は多いはずですが、

我が国では、国の誕生日を大切にしているとはどうも言えません。


他の国々においては、国の誕生日はそれはそれは盛大にお祝いされます。

国民が、国家の大切さをというものを自覚しているからでしょうか。


そう言えば、国家を運営する立場の政治家が、「国民の安心・安全・・・」

という言葉をよく口にしますが、安心・安全の土台はまさに国家ですよね。


国家あって国民生活、国家に守られての国民の安全です。

そこを、もっときちんと国民に伝えてほしいと思います。

国家の大切さへの理解を求めた上で、国民の安心・安全を訴えてほしいものです。


我が国は、戦後の占領政策によって、国家の大切さを国民に教えないように

されてきました。 その影響は未だに続いております。


政府も、テレビや新聞も、日本の素晴らしい建国以来の歴史を、

せめてこの日だけでも、しっかりと伝えてほしいものです。

そうして、国民に、国家の大切さを伝える使命を果たして頂きたいと思います。


本日の建国祭に参列された皆さん、一人一人が、まさに同じような思いを

もっておられる、きっと思い続けてこられたのではないでしょうかね。