« 2010年02月 | メイン | 2010年04月 »

2010年03月31日

999

昨日は、商工会議所の議員総会に出席。

新専務理事、新事務局長も決まりました。

新事務局長には若手K氏の登用。活躍に期待します。


さて、その懇親会の後、出席した仲間内で二次会へ。

徳山では、知る人ぞ知るかくれが的なお店「999」に行きました。

昔は違う場所にあったそうですが、今は昭和通りにあります。


ここは、焼酎と手作り料理がおいしいんです。

そして、明るいおかあさんとの会話で気分転換できます。


昨日は、ワラビ、フキ、セリと春の山菜料理がカウンターにずらり。

どれも自慢するだけのことはある味で、全員大満足。

いつもながら、口は悪いが料理はええ、999です。


ブログでお店の紹介をしたことはありませんが、

一緒にいたN本氏がブログに書けと言っておりましたので。


N本氏、約束守ったので、“いのたかさん”をご案内してみて下さいよ。

よろしく。

2010年03月22日

春爛漫

日に日に春らしくなってきました。

境内の桜の木は、つぼみをだんだん膨らませています。

一番乗りの花を見つけました。

%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89.JPG


先日、次男の進学する高校も決まり、わが家にも桜が咲きました。

明日、長男も大学進学のためいよいよ上京します。


そして昨日は、友人(一番気の置けない飲み友)のお嬢さんの結婚式に出席。

両親が、心を込めて育んできた一人娘の花一輪。

人生の門出に、幸せな笑顔一杯できれいに咲いていました。

しっかり者の娘さんなんですが、最後にこらえきれなくて涙が。

お父さんも、これには我慢の限界、涙で目頭が熱くなってました。


春爛漫の先週でした。

2010年03月13日

高野槙

今週は、全国的に荒れた天気だったようですね。

市内は雪の影響もありませんでしたが、山間部ではかなり積もったようです。

「なごり雪」にしては、降りすぎでしたね。


今週は、次男の卒業式もありました。

卒業式では、長男・次男とお世話になった校長先生がご定年ということもあり、

校長先生の涙にもらい泣き。

式の後、教室で担任の先生のお話も聞きましたが、

多感な中学生を預かる先生のご苦労を思うと、先生の涙にまたもらい泣き。

歳のせいでしょうかね。


また、今日は、天皇陛下御即位20年奉祝実行委員会の最後の事業として、

県庁前庭にて、「高野槙」が記念植樹され記念碑が除幕されました。

高野槙は、悠仁親王殿下のお印となったことで植樹に選ばれました。

朝の雨もあがり晴天の中、安倍元総理、岸参議院議員、県知事、県議会議長も

ご出席されて、盛大に行われました。


日本会議山口の周南支部にも「高野槙」を頂いて帰りましたので、

これから、植樹の場所を検討しなければいけません。

それまで、わが家で水やりしながら大事に預かっておかねば。

2010年03月07日

もつれた糸

弥生三月になって、天気も変わりやすく、気温も上がったり下がったり。

毎朝、天気予報も気になる時季ですね。


3月といえば卒業式シーズン。

1日には高校の卒業式があり、そして11日には中学校の卒業式があります。

今年は、長男も次男も同時にそれぞれ卒業、そして進学。

高3と中3、同時に来るのはわかっていましたが、なかなか大変ですね。


私は、入学式にはあまり気持が動きませんが、卒業式は毎回感動します。

今年も「仰げば尊し」を聞いて、ジ~ンときました。

「仰げば尊し」はずっと続けてほしいですね。


さて、ここ最近、色々な会合で、自民党の国会議員の方々のお話しを伺うことが

ありました。

長い自民党政権は、すべて良かったわけでももちろんありませんが、

民主党政権はあまりにもデタラメではないでしょうか。

民主党の正体、危うさに、やっと国民も気付いてきたのでは、そう願いたいです。


国家、国民を守るためには、よき政治家を選ぶしかありません。

そのためには、国民が正しい情報を知り、見る目を持つことなんだと思います。


DSCF0294.JPG

東京で研修会があり、終わって明治神宮へお参りしました。

おみくじには、こう詠まれていました。

 
 昭憲皇太后御歌   糸

 「一すぢの その糸ぐちも たがうれば もつれもつれて とくよしぞなき」

 
複雑で険しい政治の世界も、解決の糸口を間違えぬように、進むべき道を見極めて

今の混迷を解きほぐしてほしいものです。