« 2010年06月 | メイン | 2010年08月 »

2010年07月25日

にわかビアガーデン

暑い日が続く今年の夏は、ビールの消費もうなぎ登りのようですね。


さて先日、「ビアガーデンでもしようと思うんですが・・・」と

遠石会館の専務から提案がありました。

商売ではなくて、職員の懇親会で、という話しですが。


そんなことで、昨晩「にわかビアガーデン」の開催となりました。


昨日も日中はすごい暑さ。

「屋上は勘弁して~」という声もありましたが、午後7時頃には陽も沈みだし、

気温も下がって、しのぎやすくなってくれました。


遠石会館の屋上は、スタッフオンリーの場所ですが、手前に神社の森、

その向こうにコンビナート、そして徳山湾に浮かぶ島々を眺められる

隠れたビューポイントなんです。


そんな夜の景色と生ビールを味わった面々を、公開しちゃいます。

DSCF0325.JPG DSCF0326.JPG DSCF0327.JPG

DSCF0330.JPG 
%E4%B9%BE%E6%9D%AF.JPG

暑さに負けず、夏を乗り切ろう! 

2010年07月24日

ラニーニャ

暑い日が続いています。

熱中症で死亡する方も出ているほどですから、この暑さは「なめたらあかん」

ということでしょうねえ。

水分補給には気を付けましょう。


なぜこんなに暑いのか?

先日、証券会社の支店長さんが話してくれました。

今年は「エルニーニョ」でなく「ラニーニャ」が発生しているので、

日本は猛暑になるんです、と。


「ラニーニャ」???

初めて聞いた言葉だったのですが、赤道付近の海水温が下がるのが「ラニーニャ」。

逆に海水温が上がるのがよく耳にする「エルニーニョ」。


海水温が下がって、なんで暑くなるのかはわかりませんが、そういう現象が

地球上ではおきるんですね。


「エルニーニョ」「ラニーニャ」は、スペイン語だとか。

エルニーニョ、ラニーニャ、エルニーニョ、ラニーニャ、

なんか似たようなサッカーの選手いませんでしたっけ?

2010年07月17日

豪雨の中の京都紀行


今朝の青空は、ほんとに「梅雨明け」って感じの快晴でした。
前日まで豪雨が続いたので、余計にそう感じました。

それにしても近年の豪雨は異常です。
被災した地域の方々の映像を見て、本当に気の毒に思います。


さて、そんな豪雨の中の14日、大変お世話になった方のお祝いの会があり、
京都まで行ってきました。

その日の朝は在来線が運休というニュースが流れ、いよいよ新幹線も小倉~広島間で
運転を見合わせている、という状況。

「どうしても行きたいが、新幹線が動かなければあきらめよう」と決心。

一分の望みをかけてかなり早めに家を出ることにしました。


徳山駅では、ダイアは2時間以上遅れているとのこと。
取り敢えず切符を買って改札を入ってみれば、「今ホームに一本停車中だが、
いつ発車するかはわからない」とのこと。

乗って待とうと、飛び乗ると運良く座れる。
かなり待つかもと覚悟しながら本を広げたが、30分もしない内に発車した。

九州から乗って来ている人はすでにかなりお疲れの様子。まだ運がいいと思う。


発車した新幹線も広島止まり。広島から先もどうなるかわからないとのアナウンス。

広島で降りて、ホームの入線表示を確認すると、50分後に東京行きのぞみが入ってくると表示が出た。
これはしめたと、弁当を買い、表示の番線に並んだ。

ホームは、広島で降りた人と乗る人で、どんどん人があふれていく。
人が多すぎて、乗車待ちの列もだんだん乱れ始める。

その時、さっき出た東京行きのぞみの表示が消える!
え~っと思ったがどうしようもないので、次もこの番線に表示が出ることを祈って
そのまま並ぶことに。

しかし、しばらくして、今度は反対側の番線に東京行きの表示が!
どこが列の末尾かわからない状況だったが、思い切って反対側に移動。

でも、この位置ではとても座れそうにない。座れないとこの弁当も食べられない。
食べずに京都まで行って食べることになると、時間的に京都でのご馳走が
おいしくなくなってしまう。

どうしたものか?

その時「グリーン車なら座れるかも」と思いつき、思い切って移動する。
グリーン車のあたりも人が多いが、座れる可能性がかなり高いはず。
それも、この番線に時間通りに入線してくれたらの話しだが・・・

これ以上遅れたらホームがパンクする状態で、のぞみが入線!

みんな疲れた表情で乗車するが、すでに通路は立ってる人で一杯だった。


めでたくグリーン車に座れる。

で、車掌さんに「空いてる席の切符を買いたい」というが、どの車掌さんも
「少し待って下さい」ばかり。

他にも私のように切符を買いたいと声をかける人がいるが、忙しくて対応できない
様子。

私は、早く自分の席で弁当が食べたいので、度々呼び止めた。
やはり、心情的に、人の席では弁当を広げられない。

しばらく後、やっと空いた席に案内してくれて、切符を発券してくれた。

落ち着いて弁当を食べるが、シートが良すぎるのもちょっと落ち着かない。
ずいぶん久しぶりのグリーン車だったからか。


そして、長時間かかって、無事京都に到着。

改札の前で「のぞみ利用の方には払い戻しがあります」と案内している。

グリーン料金とほぼ同額が払い戻しとなった!!! 

得した気分になって、京都の会場へ向かい、お祝いの会に間に合ったのである。

2010年07月04日

金美齢さん来たる

6月から7月へ。 今年も半分が過ぎました。


半年を省みると、何事も大きく前進ということにはなっていませんが、

それでも前向きで、という決意で後半も頑張ろうと思います。


さて、6月30日には「夏越の大祓神事」を行いました。

 「母の分 もひとつくぐる 茅の輪かな」  一茶

みなさん、家族の健康を祈って茅の輪をくぐっておられる姿は、

よき日本の風景でもありますね。


そして、いよいよ参議院選挙も後半戦。

1日には、自民党の岸 信夫候補の応援に、金 美齢さんが来られました。

急遽、日本会議の主催でミニ講演会を開催。


%E9%87%91%E7%BE%8E%E9%BD%A2.JPG


信念の強さ、言葉の切れ味、やはり流石でした。

そして、忙しい中応援に駆けつけた金さんの、居ても立ってもいられない危機感が

ビンビンと伝わってきました。


民主党左翼政権の誕生で、日本は崩壊、身売りの道へと進んでいます。

参議院の過半数割れで、独裁だけは何としても阻止せねばなりませんね。