« 2010年12月 | メイン | 2011年02月 »

2011年01月28日

建国記念日 特別講演会 

国際社会が学べる講演会です。


北朝鮮の親分として存在感を示し、軍備の拡張、領土領海の拡大を謀り、

今や世界第2位の経済大国でもある中国。

尖閣諸島の問題で、中国という国の行動に疑問を抱く国民は多数です。


「中国という国が何を考えているのか」

国民がよく知っておかなければならない時代となりました。

それは、日本にとって中国が、つきあいを避けて通れない国だからです。

     

        建国記念日 特別講演会  


 講 師   石  平 氏  http://www.seki-hei.com/

 演 題   「中国の世界戦略と日本に対する脅威」


 日 時 : 2月11日 (祝) 15:00~17:00 

 場 所 : 周南市民交流センター講座室(徳山駅ビル3F)

 参加費 : 無料

 主 催 : 日本会議山口 周南支部 http://www.nipponkaigi.org/


TVでもおなじみなので、石平さんをご存知の方も多いと思います。

私も何度かお会いしたことがありますが、今回もきっと熱い講演になると

楽しみにしています。

みなさん、ぜひ、ぜひご参加下さい。

2011年01月22日

稽古照今

久しぶりに津和野に行って来ました。

雪の時季でもあり、翌日も山口で会合だったので、電車です。

子どもが小さい頃SLで行ったことがありますが、それ以来。


山口駅から約1時間、雪景色を眺めながら津和野に。

やはり寒さが違いました。

でも、雪が残る町並みも風情がありました。


太鼓谷稲成神社の宮司さんのお世話で、津和野の魅力を再認識。

来年も1月に津和野に集まろう、という話しになりました。


翌日は、朝から山口で会合。

県内神社の重鎮の皆様からご意見を賜る会。

国家の価値が軽んじられ、日本人の劣化が進む今日ゆえに、

斯界の役割、神職の使命感を喚起せよ、とのお言葉をいただきました。


国家も国民もいよいよ正念場の日本、と感じる今。

今を輝かせるために、未来に希望を持てるように、

一人一人に何ができるのかを、それぞれの立場で問わねばなりません。


  「稽古照今」  古を考え、今に照らす


先人に学ぶことでも、その糸口が見えてくるように感じます。


「稽古照今」と刻まれた石灯篭が、参道一の鳥居脇にあります。 

2011年01月15日

歌会始の儀

今日も冷え込みの厳しい一日。

日中小雪も舞いました。今晩から明日朝が心配なところです。


今日と明日は、大学入試センター試験。

全国的に荒天となり、受験生、親御さんも心配なことと思います。

今朝も、受験生や親御さんらしきお参りを見かけました。

努力が実ることを祈るばかりです。


さて、昨日は「宮中歌会始の儀」が行われました。

今年のお題は「葉」。


 天皇陛下御製

 五十年(いそとせ)の祝いの年に共に蒔きし白樺の葉に暑き日の射す
 
 皇后陛下御歌

 おほかたの枯葉は枝に残りつつ今日まんさくの花ひとつ咲く


天皇陛下は結婚50年の時の場景を詠まれておられると思いますが、

仲睦まじき両陛下のお心が伝わってまいります。


歌会始は、ご皇族のみならず、誰でも参加できる国民行事です。

そして今回、一般応募2万首の入選10首に、周南市の岡本義明さんの歌が

選ばれております。すごいことです。


 山口県周南市 岡本義明さん

 草の葉の切れ端のこるシャワー室妻は夏日の草を刈りしか


神主は和歌に親しまねばなりませんが、なかなか難しゅうございます。

研修でも和歌を詠むことがありますが、添削だらけにございます。


しかし、三十一文字に凝縮された和歌というものは、日本の貴重な文化。

そして、心打つものであり、心を磨くものと存じます。


周南市教育委員会が、「子ども百人一首」という取り組みをされているのを

先日新聞で知りましたが、とても素晴らしいことですねえ。


2011年01月14日

新年の決意

今朝は随分と冷え込みました。

神主姿は足元が足袋に草履ですから、着込んでも足の甲だけは冷たいんですよね。

まだまだ寒くなるようなので、更なる防寒策を考えねば・・・


遠石が何度だったかは知らないんですが、一番北から通勤してくる巫女さんの住む

「長穂」という地区は、なんとマイナス6度だったそうです。

東北並み、でしょうか?


さて、そんな今朝、遠石八幡宮ほか各職場合同の「新年参拝」を行いました。

例年よりも身の引き締まる寒さの中で、今年の決意を新たにしました。


私たちの職場は、遠石八幡宮を中心に、結婚式場遠石会館、衣裳サロン有職、

美容エステサロンアロームと、日々は仕事も職場も分かれています。


今年は、この職場全体の一体化、活性化を進めよう、そしていい年にしよう、

という決意があり、参拝後に私の思いを発表させてもらいました。


職場のみんなが、共通の理念と指針を理解し、正しい心がけで行動していけば、

きっと良い職場になり、もっと力が発揮できると確信して考えたものです。


これからみんなに浸透していくように努力を続けます。

「箸よく盤水を回す」

すべては自分からですね。


 


2011年01月12日

ウツボ

年末年始は、正月の準備や行事の関係で、2週間くらいは家と神社の往復のみ。

この間は、遠石の山を下りていないことになります。


今年も先週末に、今年の初新年会があり、夕方やっと下山しました。

そして、ウツボ料理を頂きました。

もちろん初めて食べました。


高知出身の知人が、以前から「ウツボ、ウツボ」と声をかけてくれていて、

年末は忙しいので新年会にしようということになりました。


彼のわがままを聞いてくれる料理屋さんで、高知から届いたウツボは、

タタキと唐揚げと鍋になりました。


%E3%81%86%E3%81%A4%E3%81%BC%EF%BC%91.JPG
 うつぼのタタキ


%E3%81%86%E3%81%A4%E3%81%BC%EF%BC%92.JPG
 うつぼの唐揚げ


身は柔らかく、皮は厚く歯ごたえがあります。

身と皮の間にはゼラチンがあり、この三層が独特の食感。

そのお姿とは違い、淡泊で上品なお味でございました。


土佐の銘酒「船中八策」をいただきながら、今年はどのように生きるかのお~

と集まった5人で語り合った次第にございます。


2011年01月10日

ぺぶる三社参り

遠石会館のサポートする「ぺぶる」の「初詣三社参り」に、

本日行って参りました。

今年で3回目ですが、遠石八幡宮から、下関の住吉神社、豊田町の豊田神社に

正式参拝をしてきました。


遠石八幡宮

%E9%81%A0%E7%9F%B3%EF%BC%91%EF%BC%8E%EF%BC%91%EF%BC%90.JPG
参拝後に願いをこめて絵馬を奉納。
干支絵馬、えんむすび絵馬、夫婦円満絵馬、どれにしようか?


山陽道
%E9%AB%98%E9%80%9F%EF%BC%91%EF%BC%8E%EF%BC%91%EF%BC%90.JPG
天気予報では、下関方面は雪マーク。
やはり美祢あたりでは雪が降ってました。


住吉神社
%E4%BD%8F%E5%90%89%EF%BC%91%EF%BC%8E%EF%BC%91%EF%BC%90.JPG
葺き替えられた国宝のご本殿お屋根。
宮司さん、祢宜さんに親しくお持て成し頂き、楽しい参拝でした。

                              

豊田神社
%E8%B1%8A%E7%94%B0%E7%A5%9E%E7%A4%BE.JPG
禰宜さんご夫妻は遠石八幡宮、遠石会館んの旧職員。
ぺぶるのスタッフは、奥様との再会にうれしそう。
夫婦仲良く頑張っておられました。


普段お参りする機会のない神社に、昇殿しての正式参拝。

こうした経験が、敬神の心を深めていくと思ってご案内しています。

参加した皆さんにとって良い年になりますよう、そして今日一日が良い思い出と

なってほしいと思います。


2011年01月08日

上陸を認めない?

新年早々、また弱腰ですか?


政府、尖閣上陸認めず 沖縄県石垣市に伝達 

  政府は7日、尖閣諸島の行政管轄権を持つ沖縄県石垣市が求めていた上陸を
 認めない方針を同市に伝えた。
  政府は、上陸を認めない理由について「国の機関を除き上陸を認めないという
 所有者の意向を踏まえた。『平穏かつ安定的な維持、管理』という政府の賃借の
 目的を総合的に勘案した」などとしている。
  石垣市の中山義隆市長や市議が昨年10月、片山善博総務相らに自然や生態系の
 把握などを目的とした尖閣諸島への上陸許可を求めていた。
  総務省は「強行的に上陸することがあれば、国内法令に基づき対応する」として
 いる。
                  (産経Webニュース 2011.1.7 16:26)


石垣市にしてみれば、市内の調査に政府が許可を出さないなんて、どういうこと?

って感じでしょう。

尖閣諸島には、今も数十もの中国漁船がうろうろし、地元の漁師さんは安心して

漁ができない状況だそうです。


石垣市に許可しないのであれば、政府が自ら調査に行きべきでしょう。

そうでなければ、石垣市民はもちろん、誰も納得できないと思います。


中国政府に対する怒りより、日本政府に対する怒りの方が大きくなりますよね、

こんなことでは・・・


元旦、神社の境内で、日本会議の有志が行われた、「尖閣を守れ」の署名運動は

1,000人以上の方に署名いただいたと聞きました。

こうした署名では希に見る数ではないでしょうか。


引き続き4日以降は、神社の社頭で「尖閣を守れ」の署名をお願いしています。

また、明日は周南市の成人式の会場外で、若い方々に意識を持ってもらおうと、

日本会議の有志が署名活動を行われます。


今の政府に署名をぶつけてもどのくらい効き目があるのか疑問ではありますが、

署名を通じて多くの国民に、より深くこの問題を認識してほしいと願うばかりです。


今回のような政府の対応一つみても、現政権が国家国民を向いて政治をしていない

ということを思い知らされ、情けないやら、腹立たしいやら。


2011年01月06日

模擬神前挙式

正月三が日の初詣に続いて、4日からは会社や団体の年頭祈願。

週末の連休は、遅めの初詣の参拝。

まだまだ境内はお正月の余韻が続いています。


さて、結婚式の申込において、1月はお問い合せの多い大切な月。

新春を迎えて、お客様の気持ちも高まってくる月なのです。


遠石会館では、三が日も「お正月婚礼フェア」を開催しましたが、

16日(日)にもフェアを開催。

その中で、久しぶりに、「模擬の神前挙式」を行います。


神前挙式の流れ、意味、注意事項など、実際の式を見て頂きながら

解説していきます。

解説は、私の担当となっております。


例えば、お祓いはなぜするのか? 祝詞はどんな内容なのか?

そして、二人にとって結婚式はどういう意味があるのか?

など、新郎新婦だけでなく、ご両親にもお聞き頂きたいと思います。


式という形の中に込められた心を感じ、理解を深めて、二人にとって

より意義深い結婚式にしてほしいと願っております。


16日のフェアは予約要となっていますが、当日来場もOKです。

遠石会館スタッフがご来場をお待ちしています。


遠石会館フェアのご案内  http://www.toishi.co.jp/event/index.html


今日は、宣伝でした。

2011年01月03日

謹賀新年

新年、明けましておめでとうございます。

皆様のご多幸なる一年をお祈り申し上げます。

そして、今年もよろしくお願いします。


さて、昨年末から天気予報は荒天、年始も雪マークでした。

この予報で、今年の三が日は雪も覚悟していました。


やはり山間部から日本海側は、かなりの雪だったようですが、

幸い徳山は、雨も長くは降らず、雪も降らず、助かりました。


2日・3日は、良い天気にも恵まれ、例年よりも参拝者が多く感じました。

そして初詣の参拝者数は、19万人と発表。(前年比)

  元旦  110,000人 (-10,000人)

  2日   45,000人 (+ 5,000人)

  3日   35,000人 (+-    0人)


新年も、あっという間に3日が過ぎました。

さあ明日からは、仕事始めで、会社や団体の年頭祈願が始まります。

まだまだ天気予報が気になります。