« 2011年09月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月28日

神宮大麻

毎朝、自宅から神社へと、徒歩2分の通勤ですが、

最近、道路脇に「ツワブキ」が咲き始めました。

tuwabuki.JPG

この時季、毎朝心を和ませてくれます。


さて、先日当宮で「神宮大麻頒布始祭」(じんぐうたいまはんぷはじめさい)が

執り行われました。

「神宮大麻」とは、伊勢の神宮のお札で「お祓いさま」とも呼ばれますが、

頒布始祭は、このお札を配り始めるためのお祭りです。

taimahannpunobori.JPG

この日は、神宮→神社庁→周南支部とお祭りを重ねたお札が、支部神職の代表

から、支部神社総代の代表に手渡され、祭典終了後に各神社がお札を持って帰り

ます。

taihahannpusiki.JPG

そして、各神社でのお祭りを重ねて、神社から家々に配られるのです。


年の初めには、「地元の氏神様のお札」と「伊勢の神宮のお札」を家に

おまつりして、1年間の家族の幸せと日本の平安をお祈りしましょう。


神宮大麻は、近くの神社でいただくことができます。

   神宮大麻  http://www.isejingu.or.jp/taima/taima1.htm

2011年10月26日

しめ縄づくり

神社の社殿や鳥居には、神様の存在を示すように「しめ縄」が張られています。

しめ縄は、秋の収穫を終えた稲藁を、左綯いに編んで縄をつくります。


先日から、しめ縄づくりが始まりました。

warahogi.JPG 藁の外側を取り除く

 
hote.JPG  細い束をつくっていく


当宮では、毎年、久米の内山様の田んぼから藁を頂いていますが、

しめ縄用にと手作業で、長い藁のまま頂戴しています。


例年は、2,3人の奉仕者で行っていたしめ縄の作業ですが、

今年は、有志の方が新たに8名参加してくれました。


実は、内山様のご厚意で、来春から田んぼの一部を当宮神田とし、

伊勢の神宮ゆかりの「イセヒカリ」を作ろうと計画しています。

よって、お田植祭や抜穂祭など、神田での奉仕をしてくれる有志を募ったところ、

8名の方が集まってくれました。

そしてこの日も、しめ縄づくりに初参加してくれたのです。


先輩の指導の下に、熱心に奉仕してくれました。ありがとうございました。

次回は、しめ縄を綯う作業を行う予定です。またよろしくお願いします。


さて、この「しめ縄」の起源は、神話の「天の岩戸開き」にあります。

天の岩戸に隠れた天照大御神を、神々は苦労して岩戸から出すことができますが、

再び戻られないようにと、その岩戸に縄を張りました。

これが、しめ縄の始まりといわれます。


また、縄の形は「雲」を表し、垂れた紙が「雷」を表して、雨による豊作を願う

意味があるともいいます。


神々の恵みによって育ったお米を初穂として神前に供えるのみならず、

稲の藁をもしめ縄にして神前に奉納し、豊作への感謝と祈りを捧げる。

しめ縄にはそうした願いも込められています。


米作りと神さま、米作りと日本文化は、深いつながりがありますが、

現在社会ではそれを感じる機会がなかなかありません。


神田での米作りや、社殿へのしめ縄奉納を通じて、お米と神さまについて、

それを感じたり、知ってもらうことができればと、大いに期待をしている次第です。

2011年10月25日

障害者スポーツ大会

全国障害者スポーツ大会も、3日間の幕を閉じました。

昨日のニュースでも、山口県選手団の活躍が伝えられていました。

障害を持ちながらスポーツに励む方々の努力、それを支える方々の心、

国体とは違った深い感動を感じました。


さて、この障害者の大会が開催されるようになった切っ掛けが、天皇陛下のお心

によるものであることは、意外とご存じないかもしれません。

私も、天皇陛下御即位20年奉祝の際にこの話を目にして知りました。


御即位20年のお祝いの言葉の中で、日本身体障害者団体連合会会長小川榮一さん

が、全国障害者スポーツ大会が天皇皇后両陛下(当時皇太子同妃両殿下)のお心に

よって始まり、障害者福祉が大きく前進したと述べられています。

  
  天皇陛下御即位二十年奉祝委員会  
  http://www.houshuku.org/kakukai/koe/dantai.html#dantai05


こうした両陛下のお心によって、今年も皇太子殿下、高円宮妃殿下が、

山口大会へご臨席になられているという歴史があるんですね。

国民の父母である両陛下、そしてご皇室を戴く日本国民の幸せを、

山口国体と山口大会を通じて、多くの県民が感じられたのではないでしょうか。


来春山口県で開催の「全国植樹祭」で、両陛下には再びご来県頂ける予定も

あるようです。

天皇皇后両陛下のご健康を心よりお祈りし、また多くの県民でお迎えできることを

願って止みません。


2011年10月23日

皇太子殿下行啓

山口国体に続いて、22日から24日の間、全国障害者スポーツ大会山口大会が

開催されています。

  おいでませ!山口大会  http://www.choruru.pref.yamaguchi.lg.jp/taikai/


22日の開会式にご臨席のため、皇太子殿下が山口県に行啓されました。


この日も、奉迎委員会の一員として、開会式の陸上競技場前とホテル前で、

殿下のご奉迎に参加してきました。

hougeisya.JPG
 ホテル前でご到着を待つ奉迎の皆さん。早い人は1時間前から。


koutaishidennka.JPG 
 ホテルにご到着の皇太子殿下。場が一気に和やかな空気になります。


sirobai.JPG 
 皇宮警察と県警の白バイ。いくつになっても男は憧れますねえ。


goryousya.JPG 
 御料車は2台。東京からトラックで運んだんでしょうか?


24日は、地元周南市総合スポーツセンターにて、高円宮妃殿下のお成りを

ご奉迎する予定です。


何より、22日の開会式、天候が心配されましたが、晴れて良かった~。

2011年10月21日

琉球舞踊への誘い

19日、今年の鎮守の森コンサート「琉球舞踊への誘い」には

約400名の方々にご参加いただきました。

ご来場の皆様、誠にありがとうございました。


本格的な琉球舞踊、琉球音楽の世界が繰り広げられる華やかなコンサートで、

琉球伝統文化の魅力を十分に感じていただけたのではないかと思います。

私も感動を覚えました。

出演者の皆さまにも心から感謝する次第です。


コンサートの写真は、準備でき次第ホームページにアップしますが、

これは、公演前に遠石八幡宮本殿で奉納舞踊が行われた際の写真です。


oharai.JPG


zikata.JPG    hounoumai.JPG


honndennmae.JPG


この度は、周南市「遠石会館」、そして長門市「ルネッサながと」での2公演。

翌朝、皆さんは長門市に向かわれ、長門公演も素晴らしい舞台で、ご盛会だったと

伺いました。

出演者の皆さんとの出会いで、琉球文化とウチナーンチュの魅力に触れて、

沖縄がさらに大好きになりました。


2011年10月14日

秋のイベント

朝の掃除で掃く落ち葉の色にも、少しずつ秋の深まりを感じます。

これから秋が一気にやってきそうな気配ですね。


さて、遠石会館で行う“秋のイベント”のお知らせです。


遠石会館ブライダルフェア

  10月16日(日) 14:00~17:00

  「といしの森のふぁっしょんショー」 http://www.toishi.co.jp/images/toishi1016.jpg   

    お問い合せ 0834-32-2181 遠石会館

  
 予約不要で、どなたでも入場できます。

 最新のブライダルファッションをどうぞ御覧になって下さい。


鎮守の森コンサート2011

  10月19日(水) 19:00~21:00

  「琉球舞踊への誘い」 http://www.toishi.co.jp/hachiman/chinju/index.html  

     出 演:紅倫の会 照屋倫子琉舞道場  
 
     入場料:3,000円 全席自由 

     チケット申込 0834-32-2181 遠石会館

 
 今年は、琉球文化の華といわれる「琉球舞踊」をお楽しみ頂きます。
 
 古典から創作まで多彩な琉舞の世界をご覧頂けます。


   「琉球舞踊への誘い」は、翌日も山口公演が行われます。

   10月20日(木) 15:00~17:00 ルネッサながと
 
   入場料 3,000円  全席指定

   お問い合せ 0837-26-6001 ルネッサながと

 

2011年10月12日

山口国体閉会式

10月1日に開会した「おいでませ!山口国体」も、11日に閉会しました。

閉会式には、秋篠宮同妃両殿下がご臨席になられました。


11日午前中、周南市総合スポーツセンターにて両殿下を奉迎し、

総合閉会式のある山口市の陸上競技場へ向かいました。


立派な施設、素晴らしい設営、そしてとても盛り上がった閉会式でした。


gakudann.JPG     tennnouhai%20kougouhai.JPG


miyasamaoseki.JPG     yakuinnseki.JPG


nyuuzyou.JPG     rainennhagifu.JPG


sougouyuusyou%201.JPG     sougouyuusyou2.JPG


tennnouhaizyuyo.JPG     kougouhaizyuyo.JPG


bunnka.JPG     taikaikigifuhe.JPG


toudann.JPG     heikaisenngenn.JPG


gotaiseki.JPG     taiseki.JPG


cyoruru.JPG     miokuri2.JPG


bannzai.JPG     douage.JPG


見事、天皇杯・皇后杯が山口県に!

山口県選手団の解団式では、万歳、そして知事さんも胴上げ。

選手の皆さんの各競技での活躍に万歳!万歳!万歳!


大会旗は、来年開催の岐阜県に。また炬火は、22日から開幕の

全国障害者スポーツ大会山口大会へと無事引き継がれました。


山口大会の開会式には皇太子殿下が行啓され、ご臨席の予定です。

また山口県の活躍に期待しましょう。


2011年10月10日

天皇杯めざして

山口国体もいよいよ明日で閉会式を迎えます。

始まると短いものですねえ。


このところ毎日のように成績が気になりますが、9日現在の総合成績は

  1位 山口県 1863.5点

  2位 東京都 1838.0点

僅差だけに、ハラハラ。

  
  競技記録速報  http://www.choruru.pref.yamaguchi.lg.jp/kokutai/newsflash/ 


国体では、男女総合優勝に「天皇杯」、女子総合優勝に「皇后杯」が

下賜されます。

48年前の前回山口国体で獲得できなかった「天皇杯」を、今回こそ

ぜひ手にしてほしいですね。

最後の最後までがんばれ山口!


明日は午前中、周南市でハンドボール競技をご覧になる秋篠宮同妃両殿下の奉迎

に行き、午後からは、山口市の総合閉会式に行く予定です。


実は、当宮宮司が山口県体育協会の副会長を務めており、

総合閉会式での「閉会宣言」のお役をするそうで。

また、開会式と違い、閉会式には誰でも自由に入場できますし、

この度大改修された陸上競技場の中に入るのも楽しみですし。


閉会式で、山口県に天皇杯が授与される瞬間をぜひ見たいですね。

2011年10月09日

ブライダルファッションショー


いい天気が続いてますね。

今日も日中は暑いくらいです。

そういえば、10月10日は過去のデーターから最も晴れる日という理由で、

東京オリンピックの開催日になったとか。

今年の「体育の日」もいい天気になりそうですね。


そんないい季節を迎えての秋の婚礼シーズンも忙しくなってきました。


結婚式を奉仕する度に、いつも思うんですが、

結婚する二人は、みんなとっても輝いて見えます。

幸せを一番実感している時だからなんでしょうね。


今日は、この後、元巫女さんの結婚式に出席です。

新婦の花嫁姿を楽しみにしています。

良き妻、立派な母になって、幸せな家庭をつくってほしいですね。


さて、来週16日(日)午後、

遠石会館ではブライダルファッションショーを開催します。

どなたでも入場できます。 

ぜひご来場下さい。


 といしの森ふぁっしょんショー  http://www.toishi.co.jp/images/toishi1016.jpg

2011年10月05日

秋篠宮様、常陸宮様のお成り

3日は、市内の山口国体の競技会場に行ってみました。

総合スポーツセンターではバスケットボール、テニスコートではテニス、

野球場では軟式野球を、少しずつですが観戦。


どの競技も熱い戦いが繰り広げられていました。

競技を実際に見ることで、国体が身近に感じられました。

バスケットはちょうど接戦で、得点をあげるたびに歓声が上がって、

盛り上がってましたよ。


会場には、小中学生も学校単位で応援に来ていましたし、高校生が競技の手伝い

などで参加していました。

貴重な機会だけに、協力したり応援したり、多くの思い出が残るといいですね。


それから、周南市・光市の国体会場には、次の通り宮様のお成りが予定されています。

  
  常陸宮同妃両殿下  8日午前 光市総合体育館
                        バトミントン競技ご覧

 
  秋篠宮同妃両殿下 11日午前 周南市総合スポーツセンター
                        ハンドボール競技ご覧 

               11日午後 山口市陸上競技場
                        総合閉会式ご臨席   


天皇皇后両陛下をはじめ、宮様が国体に合わせて来県されることは、

国体を大いに盛り上げ、県民の喜びとなっています。

会場で、秋篠宮様、常陸宮様のお成りをご奉迎いたしましょう。


2011年10月01日

国体開会式のご奉迎

「おいでませ!山口国体」の開会式にご臨席のため、天皇皇后両陛下には

山口県に行幸啓遊ばされました。

昨日今日は、奉迎委員会の一員として、奉迎行事、ご奉迎に参加してきました。


9月30日

12:30から山口市新亀山公園で、奉迎式典。

時折小雨の降る天気ながら、およそ800人の参加。

その後、県庁前庭までパレードし、両陛下のご到着まで待機。


両陛下は13:00頃山口宇部空港ご到着になり、14:20頃県庁へご到着。

両陛下ご到着頃より雨が落ちなくなり・・・

県庁玄関前でおよそ1000人の皆さんと日の丸の小旗を振ってご奉迎しました。


両陛下は、お優しい笑顔で私たちに手を振ってお応え下さいました。

そして、15:20頃県庁ご出発に際しても、ご奉迎できました。


10月1日

今日は、国体開会式にふさわしい素晴らしい秋晴れとなりました。

12:50頃開会式会場へご到着の際、沿道にてご奉迎。

DSCF0033.JPG  DSCF0038.JPG


15:15頃ご在所のホテルへご到着の際ご奉迎。

とても良い場所でご奉迎でき、思わず両陛下のお写真を失礼してしまいました。

DSCF0045.JPG  DSCF0046.JPG


両陛下のご体調も心配しておりましたが、ご来県下さいましたことに心から

感謝、感激です。


奉迎の皆さんも、両陛下のお姿を間近に拝見することができるとあって、

それはそれは楽しみにしておられ、奉迎場所では1時間以上前から待機されるほど。


両陛下のお姿、そしてお手を振ってお応えして下さるお気持ちに、どなたも

感激しておられました。


私たちは現地で日の丸をお配りしたり、幟や横断幕を掲げたりという役でしたが、

多くの皆さんと一緒に、無事和やかな奉迎ができ安堵しました。


今後も、2日の両陛下のご奉迎、続いて皇太子殿下、秋篠宮、常陸宮、高円宮

と宮家のお成りが続くそうであります。

地元周南市には、秋篠宮同妃両殿下がお成りとのこと。


ご奉迎を通じて、ご皇室を慕う皆さんの気持ちを素直に感じることができました。

山口国体を機会に、ご皇室を戴く日本の有り難さを多くの県民が共感できるのでは、

そう思えた二日間でした。