« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月27日

続 しめ縄づくり

10月26日のブログに続いて、しめ縄づくりの様子です。

第2回目となる今日も、しめ縄づくりのベテランに指導してもらいながら、

若手?有志のメンバーとでしめ縄づくりが行われました。


2311282.JPG
 縄を綯う作業。先輩のお手本を見学しながら。


2311284.JPG
 新人も実際に綯っってみたようです。綯った縄はヒゲを切ります。


綯ったしめ縄は、大小18本。

これから何度か乾かす手間などを経て、今年は12月23日の午後、

奉仕の皆さんでしめ縄の掛け替えを行う予定です。


いよいよ師走がやってきますねえ。

これからの主な迎春準備です。


12月 1日 干支大絵馬のかけ替え/奉納献酒祭

   13日 御煤納(おすすおさめ)

   23日 天長祭/しめ縄のかけ替え

   25日 正月臨時巫女さんの研修会

   26日 授与品準備開始

   27日 臨時テント設営開始

   28日 餅つき

   31日 師走の大祓式/除夜祭


2011年11月26日

21世紀枠

先日、思いがけないうれしいニュースが。


次男の所属する下松(くだまつ)高校野球部が、

春の選抜の「21世紀枠」に山口県代表として推薦されました。


21sekiwaku.JPG


 下松高校ブログ 
 http://blog.goo.ne.jp/kudamatsu-h/e/cd385f49628241d4b2b940e09a9e14b0

 高野連HP
 http://www.jhbf.or.jp/senbatsu/2012/21century/


秋季大会で、夏の甲子園出場の柳井学園に勝ってのベスト8進出や、

部員15名での健闘、進学実績、ボランティア活動などが評価されてと

新聞には載っていました。


まだ、中国地区での選考があり、最終的に全国で3校しか選ばれないのですから

夢のような話しではありますが、甲子園にほんのちょっとでも近づくことができた

ので、今後の練習にも熱が入るのではと思います。


とは言え、現在テスト期間中で練習はお休み。

そして「成績が下がった者は試合に出さんぞ」と監督から檄をとばされている

ようです。


実は、現野球部の監督は、高校時代の同級生。

当時彼は我がチームのエースでした。

そして教員を目指し筑波大学へ進み、数年前から下松高校の監督に。

縁ですねえ。


現在2年生10名、1年生5名ですから、来春の部員の入部は死活問題。

今回のニュースで、春には新入部員がたくさん入ってくれるといいんですけど。


文武両道で野球を楽しく真剣にやりたい球児諸君!

下松高校野球部へぜひどうぞ!


2011年11月24日

らーめん五丈原


徳山商店街の中心にある核店舗「近鉄松下百貨店」で、

先日から「北海道展」が開催されていました。

年間催事の中でも「北海道展」は、たぶん一番人気なのではないかと思います。

hokkaidoutenn.JPG


今回の「北海道展」に出店の「らーめん五丈原」に行ってきました。

gozyougenntonnsio.JPG

中太の腰のある縮れ麺と、濃くのある塩分を余り感じないまろやかなスープ。

とんしおチャーシュー、うまい!

さすが行列ができるお店と頷ける味でした。


今回「らーめん五丈原」を初めて知ったんですが、どうしても食べてみたい理由が

あったんです。

実は数日前に、なじみのバーに一人で寄ったところ、カウンターでシングルモルトを

やっている青年と、お酒の話しから思わず会話が弾みました。


すると彼は、百貨店の「北海道展」に出店しているラーメン店の若大将だったのです。

年8回だけ道外に出かけることにしていて、今回は百貨店の担当者に熱心に口説かれ、

初めて山口県に来た、とのことでした。


行列ができるラーメン店になるまでの家業の移り変わりや、食が大好きで国内・海外

いろんなところに食べ歩いたりしてきた彼の話は、本当に興味をそそるものでした。

そんな彼がつくるラーメンだけに、これは食べてみないと、という思いで北海道展に

かけ込みました。


出店は、きっと盛況だったんだと思います。

イートインのお店は大忙しでしたし、おみやげも「とんしお」売り切れで、

「しょうゆ」しか残っていませんでした。


近鉄松下百貨店の担当者の方、またぜひ熱心に出店をお願いして下さいね。

また「とんしお」を味わいたいのと、彼とまたバーで飲んでみたいと願ってますので。


北海道展は、今日まで。

札幌に行かれたらぜひ「らーめん五丈原」へ。 http://www.gojougen.co.jp/


2011年11月23日

こどもっちゃ!商店街

今日は、新嘗祭(にいなめさい)を斎行しました。

天地の神々に五穀豊穣を感謝するお祭りで、宮中を始め全国の神社で

行われるお祭りです。

この「新嘗祭の日」が、戦後「勤労感謝の日」となりました。


そんな、働く事へ感謝をする日にピッタリのイベント、

「こどもっちゃ!商店街」が、徳山の商店街で開催されました。

一言で言えば、「キッザニア徳山商店街」。

商店街で子供達にお仕事体験をしてもらおう、というイベントです。

勤労感謝の日に開催というのが、いいじゃないですか!

 
このイベント、中心市街地活性化協議会のワーキングで一緒のメンバーの多くが、

企画・運営に骨を折っています。

そして、今回は遠石会館にも出店依頼があり、協力することになりました。


kodomosyoubou.JPG  kodomozieikann.JPG
消防署員                      自衛官

kodomokeibiinn.JPG  kodomokare-yasann.JPG
警備員                       食べ物屋さん


子供たちは、したい仕事をいくつか登録し、仕事をした報告をこども銀行ですると

「もっちゃ」というお金をお給料としてもらえます。そして「もっちゃ」を好きな

お店で使えるという仕組みになっているそうです。


そして、遠石会館提供の「ウェディングのお仕事体験」

kodomoccya1.JPG
新郎新婦ケーキ入刀!

kodomoccya2.JPG
シャボン玉の演出!


sutaffu1.JPG  sutaffu2.JPG
司会担当                      音響担当

sutaffu3.JPG  sigoto3.JPG
ナイフ担当                   


きっと初めての体験だったと思いますが、ドキドキしながらも、教えられた通り

一生懸命仕事に向かう子供達の姿は、とても立派でした。

人を笑顔にする、人を感動させる、そういう仕事の素晴らしさと喜びを

子供達が少しでも感じてくれたら、嬉しい限りですね。


そして、すぐ横には「えびす神社 福引き」が。

商店街が「えびす市」をやっているので、今日は福引き。

ここでも「もっちゃ」を持って来て、子供達が一喜一憂していました。

ebisusama.JPG  fukumikuzi.JPG
ユニークな商店街のえびす様 


景気の悪い話しばかりの大人の世界。

せめて子供達には、仕事への夢や希望を持ち続けてほしいですね。

そして、地元商店街での楽しい思い出も忘れないでくれるといいですね。


まだ第2回の「こどもっちゃ!商店街」ですが、商店街のイベントとして

そして勤労感謝の日に、ずっと続けていってほしいものです。 

       

2011年11月22日

いい夫婦

11月22日は「いい夫婦の日」。

平日ですが、この日を結婚記念日にと選ばれたんでしょう、

今日、結婚式が一組ありました。


「いい夫婦って、どんな夫婦?」

この質問には、いろんな答があるような気がしますね。

いろんな人に聞いてみるのも面白いかも。


そんなことを考えながら、以前テレビで見たある場面を思い出しました。

長年ラーメン屋さんを二人で営んで来られたご夫婦へのインタビュー。

ご主人は頑固な方でお店の中でもよくケンカもしてきたとか、いろんな

エピソードが語られた中で奥さんが、

 「主人はぜんぜん優しくなんかなかったですよ。

  でも、たまに思いやりがありましたかねえ。」

と語られていたことを。


「思いやり」。

いつも頑固なご主人のふとした思いやりに奥さんはご主人の愛情を感じ、

それで今日まで頑張ってこれた。そういうメッセージを感じました。


「思いやりがある夫婦」

いい夫婦であるための、大切な要素の一つと言えそうですね。


しかし、言うは易く行うは難し。

ついつい忘れてしまうんですよねえ・・・


「いい夫婦の日 川柳コンテスト」にも微笑ましい作品がありました。

 http://www.fufu1122.com/senryu/index.html

2011年11月20日

30年ぶりの再会

金曜日の夜、倫理法人会の会合に出席。

二次会のお付き合いであるお店に入り、乾杯してまもなく。

別のお店から携帯に電話が・・・


「黒神さんの同級生が大阪から来られてますよ。ちょっと替わります。」

「おお黒神!谷じゃ!判るか!」

「今日、仕事で30年ぶりに徳山に来たんや!」

ということで、二次会を失礼して急遽そのお店に。


彼は、讀賣テレビの編成部長というお偉いさんになっていました。

でも、風貌、雰囲気、しゃべり方は、高校時代のまんまでした。


彼とは、高校時代野球部で一緒。

彼は、親御さんの転勤で高校時代一人暮らしでした。

今思えば、いろいろ苦労があったことでしょう。

当時は、一人暮らしがうらやましくも思えたりしましたが。


「高校時代が一番楽しかった」、としゃべりまくる彼。

昔のことを本当に詳細に覚えているのに、びっくり。

僕がこうした、こう言ったとか、僕にはほとんど忘却の彼方・・・


彼が席を立ったままずっと帰ってこないので、テレビ関係の酒席はお開きに。

同席だった3名の方が気を遣って我々の席に加わり、彼と私のお馬鹿な昔話に

お付き合い下さいました。


しかし、30年ぶりの再会は、ほんとうに楽しい一時でした。

「あいつはどうした? で、あいつは?」という、彼の質問に答えていたら、

来年野球部の同窓会でもやってみようかなあ、ちょっとそんな気にもなりました。

2011年11月18日

朝倉匠子さん

一昨日、銀行関係の会で、朝倉匠子先生の講演がありました。

先生、ブログに、遠石八幡宮の写真を掲載して下さってました。

 朝倉匠子オフィシャルブログ http://ameblo.jp/shoko-asakura/


「アクティブ・エイジング」、男性も美しく年齢を重ねていきましょう!

というお話しで、朝倉先生ご自身が50を過ぎていらっしゃるそうですが、

昔「11PM」に出ていた方ですから元々が違うんですね。

未だにとても美しく、素敵な方でございました。


これから、世界でダントツの超高齢化社会を迎える日本。

加齢に対して、前向きに、積極的に、考えることが大切だということです。

そうですよね、高齢者ばっかりになるんですから、高齢者も輝いていないと、

世の中が暗くなってしまいます。


歳をとっても素敵な生き方をするためのいろいろなお話しがあったのですが、

「男性ホルモンは指の長さで判る!」には、二次会で再び盛り上がってしまい

ました。


来年の夏には、いよいよ50の大台に乗ります。

アクティブでいられるよう努力しなさい、ということですね。

2011年11月12日

東京で会議

今日は、温かい良い天気に恵まれました。

今日と明日は、七五三まいりが多い日。

お子さんの晴着姿も、温かい日差しに光って見えます。


昨日、雨のお江戸から帰ってまいりました。

787.JPG
 羽田から広島へ向かうボーイング787。
 いつか乗ってみたいなあ。


それにしても、東京は日没が早い! 午後4時半には暗くなり始めます。

都会の喧噪の中での日暮れは、なぜか寂しい気持になりますね。

寂しいので、ついつい赤提灯に寄って帰りたくなる。

サラリーマンの気持ちがすごくよくわかりました。

ということで、夜は、渋谷の井の頭線ガード下で焼鳥。

やっぱりここが懐かしいなあ~


さて、代々木にある「神社本庁」というところで会議がありました。

 神社本庁 http://www.jinjahoncho.or.jp/honcho/index.html

全国から各県1名の担当者が参加しての会議で、人・物・情報、

いろいろと知ることができる貴重な会議ですが、びっしりと長い日程。

それ故、帰る頃には「やっと帰れる」って気にもなりました。

南部千兵衛さまなど、多くの偉い方も真面目にご出席でございました。


会期中、近くの明治神宮へお参りもしてきました。

zinnguusanndou.JPG 
 明治神宮の参道。朝は格別に心地よい。
 とっても広い代々木の杜は、都会のオアシスでもあります。

cyouhai.JPG
 ちょうど、朝拝に参進する神職さん・巫女さんに遭遇。
 天下の明治さん。さすがに人数も多いですねえ。

meizisann.JPG
 明治天皇・昭憲皇太后をお祀りする明治神宮。
 左右のクスノキ、こうしてみると本当に立派ですね。


東京に着いた初日、東京在住の同級生から携帯へ電話がありました。

「ブログに上京するって書いてあったから・・・」と。

Y君、お気遣いに感謝しております。

ブログも見て頂いて恐縮です。

今度上京して時間がありそうな時には、メールさせて頂きます。

2011年11月08日

稲田朋美さん講演会

立冬を迎えて、やっと秋らしい気温を感じた朝でした。

明日から3日間上京しますが、お江戸の方はどうなんでしょうかね?


6日、役員の末席を汚している「ふぐの会周南」の総会へ。

延縄漁発祥の地「粭島」のある周南のふぐと、地元の食を広くアピールしよう

という会で、幅広くいろんな方がご出席になっていました。


この日、おみやげに「周防はもバーガー」と「周南たこ飯」を戴いて帰りました。

地元の食材の産品として開発されたもので、なかなか好評と聞いていましたが、

ほんとうにおいしかったですよ。

マックでも「フィレオフィッシュ」好きな私は、はもバーガーはグッドでした。

今後、周南名物のひとつに育っていってほしいものです。


さて、講演会のご案内です。

 
  日本会議山口 下関支部創立2周年記念講演会
   
    日時 11月20日(日) 17:00開演 

    会場 下関市 シーモールパレス
 
    講師 衆議院議員 稲田朋美氏 
   
    演題 「私は日本を守りたい」   

   入場無料、申込要(TEL 083-223-3737)

  日本会議HP http://www.nipponkaigi.org/


稲田朋美議員の活躍ぶりは、国会などでご存知の方も多いかと存じますが、

毅然とした言動で姿勢のぶれない女性議員さんです。

しかも、言われることが的確でわかり易いんです。

inada-2-s.jpg

 衆議院議員 稲田朋美HP  http://www.inada-tomomi.com/


以前ある会のご挨拶で、

「首相が靖国神社に参拝しないのは許し難いことだが、一国の首相がどこに行こうが

それをいちいち外国から指示されること自体が主権国家としておかしいのではないか」

というお話しを聞いて、そうだそうだと頷いたのを覚えています。


またつい先日の産経新聞の記事には

「TPPというバスに乗るか乗らないかという議論よりも、そのバスの行き先が

 どこなのかが問題なのである。行き先のわからないバスには乗れない。」

という問題提起をしておられ、なるほどそうだと共感しました。


そんな稲田さんの講演会です。

きっと胸がスッキリするような、切れ味良い有意義なお話しになるでしょう。

 

2011年11月03日

西厚保と長府へ

霜月に入ったというのに、温かい日が続いています。

まだ冬物では暑いような気がして、スーツの衣替えもしないまま。


しかし、神社の装束の衣替えは、11月1日にしました。

当宮では、装束の衣替えの時季を立冬・立夏としており、11月1日の

月始祭から冬物装束を着用し始めました。


それから、この日は美祢、そして下関へと。

美祢市西厚保の宮崎先生宅へ、鎮守の森コンサートの御礼にまいりました。

今年は「琉球舞踊」の魅力を堪能させてもらいました。

  鎮守の森コンサート http://www.toishi.co.jp/hachiman/chinju/index.html


今年で9回目を迎えたこのコンサートは、宮崎義敬先生のご厚情と人脈によって

毎年開催できているものです。

よって、毎年御礼に伺うのですが、ご多忙な先生とゆっくりお話しできるのは

この時ぐらいで、それを楽しみにして出かけてもおります。


今年もいろいろなお話しを賜りましたが、

「人生、棺桶に入るまでは何が起こるかわからんものだよ」

というお話しなどもありました。


そして、現在は宮崎先生のご長男が宮司をお務めの「神功皇后神社」へお参り。

厚保の歴史と忌宮神社とのご縁を、今更ながら知った次第でした。

yuisyogaki.JPG


その後、下関市長府へ。

そして忌宮神社へお参りしました。

11月3日に放駒部屋の奉納相撲など「三日相撲」と呼ばれる行事があるそうで、

境内には幟や土俵が設けられていました。

dohyou.JPG
 小結に昇進した豊真将関も子供の頃この相撲に出ていたとか


そしてこの晩、神職有志の会で、ささやかながら、ある宮司さんの神職身分昇進の

お祝いの席が、長府の老舗「古串屋」さんで開かれました。

fugusasi.JPG
 下関らしいふく刺しの盛りつけ 「鶴」だそうです


因みに、神職には経験年数や奉仕の実績などにより身分という区別があり、

神社本庁から授与されます。

そして、級によって着用する袴の色が変わっていきます。

  特級  (白に紋入)

  一級  (紫に濃い紋入り)

  二級上 (紫に薄い紋入り)

  二級  (紫)

  三級  (浅黄)・・・青色に見えますが

  四級  (白)

神社にお参りの際、神主さんの袴の色に注目してみて下さい。

また、「白に始まって白に終わる」というのも興味深いでしょ。

よく「日本酒みたいですね」とも言われますが・・・