« 2012年04月 | メイン | 2012年06月 »

2012年05月29日

奉迎式典と提灯奉迎

5月27日、天皇皇后両陛下の行幸啓を仰ぎ、全国植樹祭が山口市のきらら浜で

開催されました。

そしてこの日、御神田のお田植え祭を終えて、両陛下の奉迎行事が行われる下関市へ

向かい、あるかポートで行われた奉迎式典と提灯奉迎をお手伝いしてきました。


NEC_0007.JPG
  開式前の奉迎式典会場。 関門海峡をバックに。


17時頃会場に到着しましたが、すでに受付を待つ人の長蛇の列。

早い方は15時くらいから並ばれたそうで、予定の2500名は確実にオーバー

する様子でした。

受付開始を早め、提灯2500個が無くなった時点から日の丸の小旗を渡すように

と変更の指示。開式前の会場には、約4000人くらいの参加者が集まりました。


しかし、両陛下の安在所となった下関グランドホテル前での提灯奉迎は、

安全上2500人までとなっており、それ以上の方は式典までの参加で、

提灯奉迎の場所まで進むことができません。

よって、その旨をご説明し、その方達の前をロープで仕切をすることになりました

が、ちょうどその時その場所にいた私とスタッフ数名が、そのお役目に。


来られた方は皆さん、両陛下への熱心な思いを以ておられる方ばかり。

提灯奉迎の場所までお連れしたいのは山々なれど、安全上の理由なのでそうはいかず、

ただただご理解をお願いする始末。


式典終了後、提灯奉迎の列が水族館の方へ消えていった後、安在所のホテルが

見える式典会場の一番前まで進んで待つことに。

皆さんと陛下のことなど雑談しながら提灯奉迎の20時を待っていましたが、

その内待つ人もだんだんと少なくなってゆき、100名程度となりました。


そこで、スタッフの一人に提灯奉迎の場所の様子を確認してきてもらい、

このくらいの人数なら問題ないとの報告だったので、皆さんと提灯奉迎の最後部

まで進み、提灯奉迎に参加することができたのです。


cyoutinnhougei.JPG
  提灯奉迎と両陛下のご答礼 


奉迎者の振る提灯に、ホテル最上階のお部屋から両陛下も提灯でご答礼下さいました。

ご答礼後、宮内庁の担当者より奉迎委員会に対して、

「陛下より、とてもきれいな提灯奉迎であったとのお言葉がありました」とのご連絡

があったそうです。奉迎委員会の一同みな喜んだ次第でした。


bannzai1.JPG
  天皇陛下万歳の波が何度も続きました


翌日、安徳天皇御陵と赤間神宮にご参拝の両陛下を、亀山八幡宮の前にて

ご奉迎させて頂きました。


tennnouheika1.JPG

kougouheika.JPG


両陛下のご来県に心から感謝し、益々のご健勝とご皇室の弥栄を心からお祈り

申し上げます。

2012年05月28日

御神田お田植え祭

27日、久米の内山様の耕作田の一部を、今年から当宮の御神田と定めて、

イセヒカリのお田植え祭を行いました。

ご近所の方々もお手伝いに来て頂き、賑やかに和やかにお田植えが出来ました。


otauesai.JPG
 
  
otaue.JPG


奉仕する我々は、田植えは初めての素人ばかり。

耕作して頂く内山様も、手植えについては初めて。

ということで、ご年配の方々に指導頂きながら、要領を得るまで悪戦苦闘。


otaue2.JPG


田植えが、息のあった共同作業でなければうまくいかないことがよくわかりました。

田植え歌も息を合わせるためなんでしょうね。


gosinndenn.JPG


今年は、初めてのお田植えでしたので、先ずはお祭りと田植えをすることが目標

でした。

来年からは田植えの手際も少し上達するでしょうし、地元の子供達などにも参加

頂いたりと、内容を充実させられればとも考えています。


またこの際に、参拝の方々にもイセヒカリを知って頂こうと思い、境内でも

プランターでイセヒカリを栽培する予定です。

神主さんの育てるお米、うまくいくでしょうか?

2012年05月25日

人々の幸願いつつ

27日(日)山口市阿知須のきらら浜にて開催の第63回全国植樹祭にご臨席のため、

天皇皇后両陛下が26日(土)いよいよ山口県に行幸啓されます。


 全国植樹祭 http://63syokuju.pref.yamaguchi.lg.jp/syokuju/about.html


山口県での全国植樹祭は、昭和31年に防府市で第7回大会が開催されて以来の

56年ぶり2回目だそうですが、ちょうど昨日お会いした防府市の方が、

「小さい頃に天皇陛下を間近でお迎えしたのを覚えている」とおっしゃられたので、

「それは昭和31年の植樹祭会場が防府市だったので、昭和天皇が行幸された時の

ことでしょうね」という話しになりました。

小さい頃の天皇陛下の印象が、ずっと記憶に残ってるんですねえ。


今上陛下の行幸は、ご即位以来平成15年11月の鹿児島県の行幸を以て

全国47都道府県をすべて巡幸されておられます。

そして天皇皇后両陛下は、その年の歌会始の「幸」の御題に、次のように

詠まれています。


 天皇陛下御製  

 人々の幸願いつつ国の内 めぐりきたりて十五年経(へ)つ
  
 
 皇后陛下御歌 

 幸(さき)くませ真幸(まさき)くませと人びとの
                  声渡りゆく御幸(みゆき)の町に


両陛下が、このような大御心(おおみこころ)を以て全国各地をご巡幸され、

国民の苦しみにも悲しみにも心を寄せられ、励ましのお言葉をかけてこられた

ことに、感謝と感動を覚えずにはおれません。


こうした両陛下の大御心に多くの国民が勇気づけられ、国造りに励み、我が国の

今日の繁栄があるのだと痛感します。


この度の全国植樹祭への行幸啓も、英国帰国後の間もない中、洵に有難き極みです。

両陛下行幸啓への感謝の気持ちを、あるかポートでの奉迎式典とご安在所に向けた

提灯奉迎で、多くの県民の皆さんと共にお伝えしてきたいと思います。


昨年秋の山口国体への行幸啓の折には、ご安在所周辺に適地が確保できず、

計画した提灯奉迎が叶わなかっただけに、奉迎委員会も今回の提灯奉迎には

熱が入っています。

その思いが通じ、27日はどうにか雨の心配も無さそうです。

2012年05月20日

市議会議員選挙が始まりました

周南市では、今日から27日の投票日まで、市議会議員選挙が行われます。

議員定数が4減り、30議席を40人で争う選挙戦です。

周南市民の代表としてふさわしい30人が選ばれることを願っています。


私は仕事柄、ほとんど期日前投票をしていますが、

この度も「私議会議員」でない「志議会議員」に投票しようと思っています。


近年は若者の政治離れが深刻な状況とか。

「どうせ誰がなっても同じ」という空気が蔓延しているように想像しますが、

しかし、政治は自分たちの生活に必ず影響を及ぼしますし、

市民のためにきちんと考え行動されている議員さんもちゃんとおられます。


投票は権利と言いますが、裏を返せば、投票放棄は市民としての責任放棄?

若い方々にも、ぜひ投票に行って頂きたいと思いますねえ。

もちろん、自分で候補者の人格や考えをしっかり判断した上で。


・・・お知らせ・・・

 遠石会館春のブライダルフェア 「花嫁参り 親子フェア」

     5月 27日(日) 11:00~17;00
 
  詳しくは  http://www.toishi.co.jp/images/20120527.pdf
 

  結婚式は、新郎新婦が二人の絆を固く結ぶ儀式。

  披露宴は、新郎新婦が家族や親しい方々との絆を確かめ合う祝宴。

  それが、遠石会館の“絆ウェディング”です。

2012年05月18日

再びの山口県行幸啓

英国ご訪問中の天皇陛下のお元気なご様子は、

手術後のご健康を案じておりましたが故に、

多くの国民に喜びと元気を与えて下さっているのではないでしょうか。


そしてまた、山口県民にとりましては、

5月27日(日)に行われる「全国植樹祭」において、

天皇皇后両陛下が再び山口県に行幸啓遊ばされる由の発表もあり、

重ねての喜びに浸っています。


ご訪問される予定の各地でも、

両陛下を奉迎する準備が着々と進められていることと存じますが、

日本会議山口を中心とした「御奉迎実行委員会」では、

5月27日(日)19:00より下関市あるかポートにおいて、

天皇皇后両陛下御奉迎式典「山口県民の集い」を開催します。


参加申込は必要ございませんので、どうぞ当日にご参加下さい。


また、式典参加者は続いて海響館周辺に移動し、

夕闇迫る中の御安在所に向かって日の丸の小旗と提灯を振り、

両陛下に感謝の心を伝える予定となっています。


提灯奉迎の灯りはきっと両陛下のお目に留まり、

大いなる感激が私たちに与えられるのではないかと想像しています。


国民の幸福を祈る祭祀を心を込めて奉仕され、

国民の暮らしに常にお心を寄せ続けられる天皇陛下、そして皇后陛下。


私たち国民にとって、国父国母である天皇皇后両陛下のご来県に感謝し、

多くの皆さんのご参加で親しくご奉迎申し上げましょう。

私ももちろん、奉迎委員会の一員として、今から参加を楽しみにしています。


cyoutinn2.JPG
 奉迎用に準備された日の丸提灯(LEDライト使用)


奉迎式典へのお問い合せは、

奉迎実行委員会事務局、山口県神社庁(TEL 083-922-0506)まで。


2012年05月11日

バンドネオンコンサート

遠石会館がサポートする「ぺぶる」は、女性が楽しく輝くいろんな活動を

展開しています。

ぺぶる情報サイト http://www.1014.jp/pc/index.html


その「ぺぶる」が、素敵なコンサートを開催します。


        アルゼンチンタンゴ

        バンドネオンコンサート
      
      日時:5月25日(金)19:00

      会場:遠石会館

    チケット:前売3000円 当日3500円

         ケーキ&ドリンク付


%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E8%A1%A8.jpg

%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E8%A3%8F.jpg


遠石会館も協賛し、フロントにてチケットも販売しています。

タンゴのリズム、バンドネオンの音色・・・

ぜひご来場下さい。

2012年05月09日

スイーツ王子

昨日、元JCの事務局員だったNちゃんが

親戚が大原美術館で展示会をしているのでPRしてほしいと、

やって来ました。


周南市出身に、こんな素晴らしいアート作家がいたとは知りませんでした。

しかも、同じ町内出身。

しかも、男前。


お菓子やフルーツの食品サンプルでアート作品をつくる彼は、

「スイーツ王子」と呼ばれているそうです。


     渡辺おさむさんの展示会


   「渡辺おさむ OHARAーDECO」

     4月10日~6月17日

  大原美術館 本館 (岡山県倉敷市)


渡辺おさむ http://osamuwatanabe.web.fc2.com/plofile.html

大原美術館 http://www.ohara.or.jp/201001/jp/D/amk10.html


作品が掲載された本も頂いたんですが、女性達がほしくなるような作品ばかり。

会期中にぜひ足を運んでみようと思います。

2012年05月04日

神社検定

明日はもう「立夏」。

今年は気温が急に高くなってきたので、春が短く、夏が早くやってきたように

感じます。


神社では、「更衣は立夏立冬に依る」とされています。

当宮では、切りよく5月1日から夏装束を用います。


一般的衣更えより早いのですが、温暖化現象の昨今にはちょうど合ってます。

というか、空調のない時代からすれば当たり前なのかも。

今年は、お役所なども早めのクールビズになったようですね。


さて、今年から「神社検定」というものが全国一斉に行われます。

お知らせが遅くなりましたが、試験日が6月3日(日)。

申込の締切が5月10日と迫っています。

 
  神社検定 http://www.jinjakentei.jp/


山口県では、山口市の野田・豊栄神社の奥にある「山口県神社庁」が会場です。

FM山口のパーソナリティー大和良子さんも受験するとラジオで耳にしました。

これはずいぶんPRになったんじゃあないでしょうか。


山口会場はまだ申込に余裕があるようですが、サイトを見ると各地で申込多数により

会場変更したところもあるようです。


当宮にもありますが、お近くの神社どこにも申込用紙があるはずです。

神社を知ることは、日本を知ること。

ぜひこの機会に挑戦してみて頂きたいと思います。


2012年05月02日

お屋根の葺き替え竣工

須金地区は約200戸の家が点在する山間の過疎地。

その鎮守様である亀山八幡宮は、遠石八幡宮からご神霊(しんれい)をお祀りした

歴史のある神社です。


平成18年に先代宮司さんが急逝されたことにより総代さん方からの依頼で、私が

兼務で宮司を務めていますが、就任当時からご本殿屋根の傷みが心配で葺き替えが

懸案事項でありました。


そして、創建1300年を迎えたことを機に、5年を目処に少しずつ積立をしようと

決め、本年いよいよ3月から屋根の葺き替えに着工し、先日目出度く屋根修復工事が

竣工しました。

honndennoyane.JPG
  カラーステンレスで綺麗に葺き替えられた本殿屋根

haidenn.JPG
  併せて拝殿の内装工事も行いました


よって、4月29日に「本遷座祭」(ほんせんざさい)」を奉仕。

「本遷座祭」とは、屋根工事の期間中、仮の場所に遷って頂いていたご神霊の宿る

「御霊代」(みたましろ)を本殿にお遷しする祭りで、こうしたお祭りは、夜に行う

ことになっています。

tamagusihairei.jpg
  氏子を代表して総代さんが玉串拝礼

soudaidannto.jpg
  祭典後の記念撮影


5月5日の春祭りを、今年は本殿屋根竣工奉祝の春祭りとして行います。

綺麗に葺き替えられた本殿の屋根を見て、氏子の皆さんにも安心してもらえることと

思います。


神社は、先祖たちが、努力の上に今に守り伝えてくれたもの。

私たちも、努力を重ねて次代に守り伝えなければなりません。


高齢化、過疎化が進む地域ではありますが、この度の屋根葺き替えが氏子の皆さんの

力でこうして完成したことは、地域の皆さんの自信や元気にきっとつながるのでは

ないかと、そう願っています。