« 2012年11月 | メイン | 2013年01月 »

2012年12月31日

大晦日の夕暮れ

syougatudennnai.JPG
 大晦日の本殿


初詣の準備もすべて調え、境内も掃き清め、

16時から師走の大祓式(おおはらいしき)を奉仕。

大祓詞(おおはらいことば)を奏上し、地域の祓い清めを祈りました。


そして参列者と共に、清らかな心で新年を迎えられるように、

自らのお祓いもしました。

今年のいろんなことを祓い清め、新年がよい年となるよう努力したいと誓う、

大晦日の夕暮れです。毎年誓いながら・・・


しばらく後、22時頃からは除夜祭、歳旦祭の準備です。

さあ、初詣が始まります。

それまで、休憩。


今年もブログにお越しいただいた皆様に、心から感謝いたします。

では、よいお正月を迎えられますように。

2012年12月30日

明日は大晦日

明日はいよいよ大晦日ですね。

現在のところ、元旦の天気予報は曇り時々雨。

三が日の、雨と寒さが一番気になるところです。

350006%E9%81%A0%E7%9F%B3%E5%85%AB%E5%B9%A1%E5%AE%AE.JPG
 今年1月2日の境内の写真。いい天気でした。


当宮では、初詣の準備をすべて終えて大晦日の16:00から師走の大祓式

(おおはらいしき)を執り行います。

新年を迎えるにあたって、地域のすべてを祓い清める神事です。

宮中でも全国各地の神社でも行われ、こうして国中が祓い清められるのです。


さて、お正月境内で行われる行事をご案内させて頂きます。

初詣の際に、どうぞお立ち寄り下さい。


元旦11:00 「奉納新酒鏡開き」  遠石会館玄関前

   山縣本店奉納の新酒の鏡開き。新年・新酒・新成人という組合せで、
   
   新成人男女二人も鏡開きに加わります。

   参拝者におめでたいお酒が配られますので、ぜひどうぞ。      


2日11:00 「神田米イセヒカリ頒布」  遠石会館玄関前

   当宮神田で収穫したイセヒカリ(伊勢神宮の神田で発見された稲)を

   新米夫婦二組から参拝者にお配りします。

   伊勢神宮では、今年がちょうど式年遷宮の年にあたります。 
   

2日~5日10:00~16:00 遠石会館「お正月披露宴会場見学会」

   コーディネートされた披露宴会場を自由にご見学いただけます。
  
   衣裳展示や婚礼相談受付もあり、成約特典にプレゼントもあります。

   カップルやご家族でお気軽にご来場下さい。


遠石八幡宮お知らせ http://toishi.co.jp/hachiman/lightcase/index.php   

遠石会館ブライダルフェア http://www.toishi.co.jp/event/index.html


2012年12月29日

巳の根付守り

初詣の準備もいよいよ大詰め。

昨日が雨、そして明日も雨が降りそうな天候なので、境内での作業も急ピッチ。


会館内では、ちょうど干支根付守りの準備中だったので、一足先にお披露目を。

netukemi.JPG


新年の開運福みくじで授与される、巳の「干支根付守り」です。

数年前より、樹皮や竹の再利用素材で作った環境にやさしいお守りに。


福みくじは空くじ無しで、特等から八等まで。

伊勢旅行や液晶テレビなど豪華景品も当たります。

八等だった人も、巳の根付守を財布につけておくと縁起が良いはず。


新年の運試しを「開運福みくじ」でどうぞ。

2012年12月25日

迎春に向けて

迎春に向けて、何かと気忙しくなってきました。

13日には、すす払いにあたる「すす納め神事」。

22日には、しめ縄のかけ替え。

kakekae.JPG

今日は、正月にお手伝い頂く巫女さんの研修会。

今年も30名以上の方々に、交代でご奉仕頂きます。

初々しい笑顔で参拝者を迎えてくれると思います。


そして、このお正月から登場する行事をお知らせします。

1月2日午前11時より、境内の会館玄関前にて、

「遠石八幡宮神田米イセヒカリ」を500人の方にお配りします。


今年は、伊勢神宮「式年遷宮」のクライマックスの年。

伊勢神宮のことが食卓の話題となり、神宮に想いを馳せて頂ければと思います。


尚、皆さんに手渡し頂くお役を新婚さん2組にお願いしました。

新年・新米・新米夫婦、ということで。


例年のように1月1日11時からは、「奉納鏡開き」があり、山縣本店様から

御神酒も配布されます。

こちらは、新年・新酒・新成人、ということで新成人の男女にも鏡開きのご奉仕を

頂いています。


元旦と2日、どうぞ福をお持ち帰り下さい。


2012年12月10日

タウンズビルの高校生

周南市の姉妹都市であるオーストラリア・タウンズビル市から、

ライアン・カトリック・カレッジの高校生14名と先生3名の一行が、

来宮されました。


taunnzubiru.JPG

お揃いのジャージ姿も、いい雰囲気です。

カトリックの学校だからでしょうか、お行儀の良い学生さん達でした。


12月7日から12日まで、周南市内にホームステイして交流事業を行うそうです。

とっても寒い時期となりましたが、楽しく有意義な滞在となることを祈ります。


お見送りの際、教頭先生からプレゼントをいただきました。

オーストラリアの「ヤモリ」だそうです。

yamorikunn.JPG

掌にのるくらいのかわいいヤモリ君。

コアラやカンガルーだけでなく、ヤモリも人気者なんですね。


2012年12月09日

町内会の餅つき

今日は予報通り小雪がちらつく天気となりました。

風が冷たく、気温も下がってます。


こんな天気の中、地元町内会の餅つきが、神社の駐車場で行われました。


24motituki1.JPG

24motituki2.JPG

みなさん、寒い中ではありますが、楽しそうにやっておられます。

人生の大先輩方も、大活躍です。


この餅つき、新自治会長さんの就任以来、昨年から始まったもので、

町内会の一体感をつくろうと行われるようになりました。

お年寄りの家などにも配られるようで、心温まりますね。


最近は餅をつく家も少なくなったようなので、こうした機会でもないと餅つきを

知らない子供ばかりになるんじゃないでしょうか。

餅は工場で作られパックに入って売っているもの、と思っている子供もきっと多い

ことでしょう。

そう言う意味でも、町内会の行事として続けていってほしいと願います。


餅も餅つきも、日本を代表する食文化。

元気なお年寄りが多い時代だけに、地域の協力を得て学校行事として餅つきをするのも

いいんじゃないでしょうかねえ。


因みに、最近は結婚式の披露宴の演出で「餅つき」をすると、盛り上がるようです。

初めて餅をつく男の子がいたり、振袖で餅をつく活発な女の子もいたり、

熟練の技をもったおじさまやおばさまが登場されたりで、楽しいそうですよ。

景気良く餅をつく音も、おめでたい雰囲気にピッタリですしね。


お餅は「晴の日」の食べ物。

「ハレとケ」、日常と非日常の区別がなくなりつつある現代だからこそ、

「餅つき」は大切に残していきたいですね。

2012年12月06日

冬も忘年会も本番

今朝は倫理法人会のモーニングセミナーへ。

昨晩が、役員会+忘年会。

続いて、後輩のN委員長が誘うので三次会まで行ってしまいました。

よって、つらい朝となりました。


帰って境内を掃除していたら、小雪がちらちら舞い降りてきました。

「初雪」って程ではありませんが、12月になって急に寒さが増してきました。

手帳を見ると、明日は二十四節気の「大雪」。

次の日曜日の天気予報には雪マークも登場してます。


冬も本番、忘年会も本番を迎える時期ですねえ。

今晩も、これで、ファイト~!

ripobitann.JPG

2012年12月01日

大絵馬の掛け替え

今日から師走。

12月1日恒例の迎春行事、「大絵馬の掛け替え」を行いました。


今年も、神社近くの和光保育園の子供たちが見守る中、今年の壬辰(みずのえたつ)

から来年の癸巳(みずのとみ)に干支のバトンタッチです。

2012121-1.JPG
  
2012121-2.JPG

2012121-3.JPG


そして今年は、神田で収穫のお米「イセヒカリ」を、ささやかなおみやげに。

神社とお米のことが食卓の話題になることも願いつつ。

2012121-4.JPG

2012121-5.JPG

2012121-6.JPG


巳(み)は、蛇(へび)と呼ぶよりも、「みーさん」と呼ぶと神の使いらしく

感じますよね。(京都ではこう呼ばれる方が多かったです)

新しい年は、みーさんが、たくさんの好運を運んできてくれることを祈ります。