« 2013年02月 | メイン | 2013年04月 »

2013年03月30日

浅草今半の牛肉弁当

先日、次男の引越で上京してきました。


午後には、アパートに荷物がどんどん到着。

梱包を解いて段ボールをまとめたり、家具を組み立てたり、狭い部屋の中なので

悪戦苦闘。


翌日の朝は、三茶から近いので、世田谷の松陰神社へお参り。

ちょうど桜も満開でした。

%E6%9D%BE%E9%99%B0%E7%A5%9E%E7%A4%BE.JPG

世田谷の松陰神社は、松陰先生が江戸伝馬町の獄中で刑死された後、高杉晋作や

伊藤博文等によって毛利家縁のこの地に改葬され、明治15年に社が築かれたそう

です。社殿も、萩の松陰神社とよく似ているように感じました。


今回の上京は、家内の希望で新幹線。

帰りは私一人。なので気にせず飲みながら帰れます。


新装東京駅には、飲むところも弁当もたくさんあるって話しなので東京駅まで。

まずは、「黒塀横丁」なる通りで生ビールを一杯。

そして弁当売場で物色していると、「浅草今半の牛肉弁当」を発見!

%E7%89%9B%E8%82%89%E5%BC%81%E5%BD%93.JPG


学生時代、百貨店の催事場で弁当販売のアルバイトをしたことがあります。

その弁当が、浅草今半の牛肉弁当。

おいしさに懐かしさが加わって、ちょっと感激。

薄切り肉と玉葱と豆腐のシンプルなお弁当ですが、お勧めです。

2013年03月27日

ふぐ料理賞味会

地元の食を盛り上げようとする「周南食の会」の恒例行事「ふぐ料理賞味会」を、

今年は遠石会館でお引き受けしました。

市長さん、会頭さんを始め、地元の食を応援しようという気持で参加の方々

約60人に、「名残ふぐを楽しむ春の会席」をお召し上がり頂きました。


fugu1.JPG
ふぐ皮と青菜の白和え、雲丹豆腐と花からすみのグラス盛り、白魚と帆立貝柱の明太焼


fugu2.JPG
鯛・勘八・ふぐかいわれ包みのお造り梅肉醤油で

fugu3.JPG
ふぐと木の芽の奉書焼きとふぐの天麩羅

fugu4.JPG
ふぐ刺し

fugu5.JPG
ふぐと筍の餡かけ茶碗蒸し

fugu6.JPG
ふぐ茶漬け

fugu7.JPG
桜プリンとフルーツジュレ


刺身・唐揚げ・ちりというお決まりのコースより、料理人にとってやりがいのある

こうした機会を頂けたことは、大変有難いことでした。


ふぐ延縄漁発祥の地徳山のふぐを、もっと知ってもらいたい、もっと食べに来てもらい

たい。そのために、まず地元の人に周南の食をもっと愛してもらいたい。

と、「周南食の会」はこれからもいろんな活動を展開して行かれるそうです。

2013年03月21日

ロータリーで広島へ

世にロータリークラブという団体があります。

遠石会館は、周南西ロータリークラブの例会場。

親父は、このクラブのチャーターメンバー。


昨年、「俺は特別会員になるので、おまえが入会せよ」とのこと。

元気な内は交代しないほうが親父のため、とも思っていたのですが、

「もうそう言ってある」、との押し切りで今年から入会することに。


毎週の例会は、会場は近いし、アットホームな雰囲気で楽しんでおりますが、

早速昨日は、「地区協議会」なる会合で広島へお供。


広島国際会議場

tikukyou.JPG


ホテルグランビア広島

konnsinnkai.JPG


同じバッチをつけた人がたくさん集まるのはJCみたいで懐かしくもあり。

その時代の知り合いにも、多くお出会いしました。

それにしても、70、80の大先輩のお元気さには脱帽!

2013年03月17日

もう3月も後半になりますね

しばらくバタバタと忙しい日が続き、ブログが久しぶりに。

一ヶ月にもなるので、体調を心配してメールをくれた方もいます。

有難いことです。


さて、3月は年度末。各種団体の新年度に向けた会合なども多く、

昨日までで家での食事が4日ほどでした。

後半の予定では6日ほど。20日は外食・・・嬉しいような辛いような。


その他にも、いろいろありましたので、ご報告まで。

%E5%8D%92%E6%A5%AD%E5%BC%8FNEC_0011.JPG
 3月1日、次男の高校卒業式。
 「蛍の光」と「仰げば尊し」は、いつもジーンとなります。


10syuunenn.JPG
 3月3日、ぺぶる10周年記念ジャズナイト。
 ピアニスト工藤隆さんのブログ
 http://douqblog.jugem.jp/?eid=13014


iwashimizu.JPG
 3月6日、旧職員有志の会で石清水八幡宮へ。
 25年前、お世話になった当時の楽しい話しで大いに盛り上がりました。


inorinohi.JPG
 3月10日、震災復興祈願「祈りの灯」。
 とても冷え込みましたが、オカリナのコンサートで心は温かくなりました。


syukugakai.JPG
 3月11日、震災復興祈願祭を終えて、祝宴に。
 大先輩が神職身分特級になられた内々のお祝い。
 人の和を築いてこられた広い心とご活躍に改めて尊敬の念を。