« 2013年05月 | メイン | 2013年07月 »

2013年06月29日

M先生のエッセイ

最近、腰の神経痛に弱っている父。

市内のMクリニックに通院しています。


父が通院した日だったのか、ある晩

 「病院で手にした徳山医師会の会報に、M先生がいいことを書いておられたので

  コピーしてもらってきた」

そう言ってコピーを私に。


それは、『絵日記』という欄に、「国旗掲揚」という題で、M先生のコラムが

掲載されているものでした。

M先生の気持ちに共感したのでブログで紹介したくなりました。


しかし、M先生の許可を得てないため全文をそのまま載せるのは憚り、

勝手ながら私が以下要約させてもらいました。

 
 国旗掲揚

  5月3日憲法記念日に飛騨高山を訪れた。

  旧家が残る町並みにも国旗がたくさん揚がっていた。

  古都にその習慣が残っているのをうれしく思った。

  
  祝祭日には国旗を掲揚するのが習わしで、

  へんぽんと翻る日の丸の旗を見上げるのは気持がいいものだ。

  
  ところが、日の丸を揚げる家庭は稀になった。

  マスコミが日の丸を、悪の象徴のごとく言いつのるのが原因だ。

  祝祭日には国旗を揚げて心を一つにすることが大切だ。

  
  憲法記念日の国旗掲揚は、昭和天皇が崩御された時のように

  金玉を黒布で覆い半旗にすればもっとよい、と考えている。


DSC_0122.jpg
  会報掲載の高山駅の写真


先生の国旗掲揚への思い、憲法改正への思いが、ビシッと伝わりました。

背筋の通ったお医者様、M先生にお会いしてみたくなりました。

2013年06月27日

健康を願って

6月30日午後4時から、夏越の大祓を行います。


日頃知らず知らずの内に身に付いた罪や穢れ(気枯れ)を祓い、

心身を清らかな状態に戻すことにより自らの生命力を高め、

体調を崩しやすい夏を無事乗り越えようと願う神事です。


流し雛の起源である人形(ひとがた)に罪や穢れを移し、

スサノオノ命の故事に因んで茅(ち)の輪をくぐります。


 「母の分 もひとつくぐる 茅の輪かな」 小林一茶


ご家族の健康を願い、ぜひお参り下さい。


ooharae2011.jpg

chinowa2011.jpg


 夏越の大祓 http://toishi.co.jp/hachiman/topics/index.html#6

2013年06月25日

紙婚式のつどい

23日、遠石会館主催の「紙婚式のつどい」が開催されました。


「紙婚式のつどい」は、遠石会館で結婚式をされ1周年を迎えたご夫婦をご招待し、

思い出の遠石会館で楽しく過ごして頂こうと、年4回開催しています。


今回は参加夫婦の数は少なかったのですが、赤ちゃんとご一緒のご夫婦が多く、

とても賑やかな感じがしました。


会館スタッフによると、同年代のご夫婦同士なので、お食事の時間もいろんな話しで

盛り上がっていらっしゃるそうです。

こうした機会で、夫婦同士、友達の輪が広がることはとてもいいことですねえ。


また、この「つどい」では、毎回まず最初に遠石八幡宮神前で家庭の幸福と繁栄を

願って祈願祭を奉仕します。

本殿で、「家族の節目、人生の節目、一年の節目。節目を大事にすることで、

心豊かで絆の強い家庭を築いていって下さい。」とお話ししました。


今回はちょうど夏越の時季となったので、「茅の輪くぐり」もしてもらいました。

皆さん、暑い夏を健康で過ごして下さいねえ。


kamikonnsiki.jpg

2013年06月22日

七夕合コン

「ぺぶる × 遠石会館 = 素敵な出会いを」 ということで、

出会いを本気で願っている男女のために七夕に合コンを開催します。


出会いは “棚ぼた” ではやってきません。

出会いは “七夕” にあるような気がします。

ぜひご参加下さい。


DSC_0108.jpg


◆七夕合コンミニパーティーのご案内☆ <ぺぶる編集室>


七夕の日に、ぺぶる編集室と遠石会館主催で、合コンイベントを行います。

遠石八幡宮で願いごとを書いた短冊を奉納した後、ミニパーティーを開きます。

素敵な出会いが生まれるよう、スタッフ一同全力で応援致します!

ぜひご参加下さい。

  ■日時:7月7日(日) 15時~18時半

  ■場所:遠石八幡宮および遠石会館

  ■内容:15:00 遠石会館2Fロビーに集合・受付
       15:10 短冊に願いごとを記入
       15:30 遠石八幡宮にて祈願・奉納
       16:00 遠石会館にて合コンミニパーティー
       18:30 解散

  ■参加費:男性 5,000円、女性 4,000円

  ■参加資格:結婚を前向きに考えている独身男女

  ■定員:男女とも10名まで(定員になり次第締切)

  ■申込:住所、氏名、年齢、TELを明記の上、info@1014.jpまで。

  ■問合せ:info@1014.jpまたは0834-34-8872(ぺぶる編集室)

  ※服装は自由です。ご自分が一番素敵に見える服装でいらして下さい♪

  ■ぺぶる編集室
    周南市城ヶ丘2丁目1-9 ビーム・クリエイション内
    TEL : 0834-34-8872

2013年06月21日

八幡さま

京都、石清水八幡宮へ行ってきました。

この度は、全国八幡宮連合の総会に出席するためでした。


全国八幡宮連合は、八幡さまをお祀りする神社の繋がりを深めるために

昭和29年に結成され940社以上の八幡宮が加入している組織で、

来年で60周年を迎えます。


この日は、石清水八幡宮本殿にて神威景仰祭、研修センターにて総会と講演会。

続いて神苑斎場にて神火祭奉仕、研修センターにて直会という日程です。


DSC_0084.jpg
 神威景仰祭では毎年伝統芸能が奉納されます。
 今年は、香川県高松市の国分八幡宮『喧嘩獅子舞』でした。


DSC_0099.jpg
 講演は、大阪大学名誉教授の加地伸行先生による『中国の本質』でした。
 世界人口の22%を抱える中国の最大の弱点は食糧になるそうであります。


全国八幡宮連合ホームページ http://www.iwashimizu.or.jp/rengo/
 神火祭はこんな様子。各県からの奉仕者を加え祈祷木がお焚き上げされます。
 私も奉仕させて頂き、浄火の炎で清められました。


DSC_0100.jpg
 装束を着けると昔の奉職時代を思い出し身が引き締まりました。 


八幡さまをお祀りする神社(八幡宮・八幡神社ほか)は全国津々浦々にあり、

全国の神社の約三分の一、数万社に及ぶほど広く崇敬されています。


その中でも代表的な八幡さまは、大分県の宇佐神宮、京都府の石清水八幡宮、

神奈川県の鶴岡八幡宮で、多くの八幡さまがこの三社のご分霊をお祀りしています。

2013年06月17日

父の日の結婚式

16日、結婚披露宴に出席しました。


新婦は、田布施町にある高松八幡宮のお嬢さん、金長清佳さん。

新郎は、婿入りされる西村俊樹さん。


清佳さんは、禰宜として直向きに神明奉仕をされる素晴らしい女性。

早く清佳さんに良いご縁をと、周りの多くの人達が願っていただけに、

結婚式も披露宴も祝福ムードで一杯でした。


DSC_0073.jpg


お二人が選ばれたこの日は、父の日。

両家のお父さんには、これ以上ないプレゼントですね。


さらに、新婦父の金長宮司さんの誕生日。

そして、金長宮司さんには、初めて息子を得られた日となりました。


本当に、お目出度い一日でありました。

2013年06月14日

ありむら治子総決起大会

神社関係の会合で、この時期恒例の上京。


12日には、昼の会議に続いて、夕刻より開催の「ありむら治子総決起大会」

に参加してきました。


「ありむら治子」参議院議員は、この夏の参議院議員選挙、全国区において

神社界がただ一人推薦する候補。

全国の宮司さんが「ありむら議員の活躍が日本に必要」と推している候補者です。


この日は、ありむらさんを支援・応援する方々が各界から駆けつけ、会場は一杯。

たぶん1,000人以上の盛会でした。

DSC_0040.jpg

DSC_0064.jpg

政界、財界よりたくさんの方からの激励の挨拶がありました。

それを受けて、ありむら議員からは3期目に向けて

「命の重み・家族の絆・日本の尊厳を守りたい」と、力強いスピーチがありました。


  参議院議員ありむら治子 http://www.arimura.tv/


昼と夜の会合の合間、行ってみたかった代官山のT-SITEに寄りました。

DSC_0030.jpg

ここの小型版のような施設が、徳山駅ビルに入るといいと思ってるんですけどね。


2階のラウンジもとっても素敵だったんですが、施設内は撮影禁止でした。

ラウンジで精算をする際、「Tポイントカードをお持ちですか?」と訊かれました。

中年男子4人、誰もTポイントカードを持っていませんでした。


支払の際、「持ってませんが、こんな客いますか?」って逆に訊いてみました。

係の女性に、「初めてです。とても新鮮です。」と珍しがられました。

ここはツタヤの本丸みたいなとこですもんね。

  
  代官山T-SITE http://tsite.jp/daikanyama/store-service/

2013年06月10日

日本会議

日本会議山口周南支部の総会に出席。


今年度も下記のように様々な活動に取り組む予定となりました。

  4月には、「拉致被害者を救う会」署名活動

 10月には、海上自衛隊呉基地見学

 11月には、回天烈士慰霊祭の支援

  2月には、建国記念の日記念行事の開催


総会後の勉強会では、廣支部長が進行役となり、

いわゆる南京大虐殺問題や従軍慰安婦問題などで、事実と違う一方的な言い分が

まかり通り、多くの国民がその嘘の情報に洗脳されてしまっている現状に対して、

歴史の真実をどのようにして伝えていくべきか、

その手段について熱心な意見交換がされました。


%EF%BC%92%EF%BC%95%E5%B9%B4%E7%B7%8F%E4%BC%9A.jpg


また、市議会議場に国旗を掲揚するよう訴えた件や、中学校の卒業式に出席し

荒れる生徒や冷めた学校の対応などを経験した件などについても、

会員から報告がされました。


誇りある日本の再生へ向けて、険しい道のりではありますが、

足下から着実な活動をしていくことの必要性を、会員一同で共有した次第です。


共感していただける方は、日本会議へぜひご入会下さい。

 日本会議 http://www.nipponkaigi.org/about

2013年06月08日

たまには一人飲み

今週も、会議+懇親会が3日。


メンバーやタイミングによっては、二次会に誘われない時も。

真っ直ぐ帰ればいいのに・・・

気の置けないバーに寄ってしまいます。


DSC_0025.jpg
 この日は暑かったので、ギネスとシメイ

DSC_0026.jpg
 マスターお勧めのモーレンジをトワイスアップで


日頃のお酒は会話の潤滑油。

ほとんど味わってはいないような気がします。


こうして一人で飲む時だけは、お酒の味がちょっとわかるような気がします。

酔っぱらってくると、わかりませんけど。
 

2013年06月07日

誇りある日本の再生

周南市で、「日本食品衛生協会中四国ブロック大会」が開催されました。


3日には、遠石会館をご利用頂き支部長会議を開催され、

先だって遠石八幡宮へも正式参拝を頂きました。


4日には、アサヒビール名誉顧問の中條高徳先生と

スカイツリーの監修にあたった彫刻家の澄川喜一先生によるパネルディスカッション

「誇りある日本の再生」が、周南市文化会館で行われました。


DSC_0019.jpg


中條先生からは、日本の歴史・精神文化の素晴らしさを、

澄川先生からは、日本の伝統・技術力の素晴らしさを、

日本再生のために活かしていこう、というメッセージだったと思います。


コーディネーターは、日本会議周南支部の廣支部長。

両先生共に熱のこもったお話しになり、時間も押しながらで、

進行役の心中も察しながら拝聴しておりました。

廣支部長、お疲れさまでした。


因みに、9日開催の日本会議周南支部総会においても、

同テーマで会員相互の意見交換が行われる予定です。

グローバルな時代にこそ、問われるのは、“国民の誇り”ですね。

2013年06月04日

茅の輪

水無月になりました。

朔日に「茅の輪」(ちのわ)を参道に設置しました。


DSC_0007.jpg


6月1日より30日まで、「夏越の大祓」(なごしのおおはらい)を行います。

体調を崩しやすい夏を無事健康に乗り越えようと願う神事です。


DSC_0008.jpg


「人形」(ひとがた)に罪やケガレを託して、「茅の輪」をくぐります。

6月30日には、16時から大祓式を行います。

当日は午後から茶菓の接待もあります。


今年の30日は日曜日となりました。

どうぞ皆様ご参列下さい。


  水無月の夏越の祓へする人は 千歳の命延ぶといふなり


大祓式 http://toishi.co.jp/hachiman/topics/index.html#6