« 2013年08月 | メイン | 2013年10月 »

2013年09月30日

抜穂祭

29日、御神田にて「抜穂祭(ぬいぼさい)」を行いました。

前日が小雨でしたが当日は晴天。暑いくらいの日差しとなりました。


「今年は昨年より出来がいいですよ」と、耕作者の内山さん。

早く刈り取って、と言わんばかりに「イセヒカリ」の稲穂が頭を垂れていました。

25nuibo1.jpg

25nuibo2.jpg


神事の後、今年はお田植えにも参加したちびっ子が稲刈りにも参加。

奉仕の皆さん、頑張ってくれました。

25nuibo3.jpg

25nuibo4.jpg


今年は伊勢神宮「式年遷宮」の年。

まもなく、神様が新しい社殿に遷られます。

天照大御神様のお力が新しくなる年の「イセヒカリ」の収穫。

ちょっと特別な気持での「抜穂祭」でした。

2013年09月29日

周南24時間リレーマラソン

秋は運動会を始め、いろんなイベントが続きます。

土日祝日はどこかで祭りやイベントが。


28・29日の土日は、周南市陸上競技場で、「周南24時間リレーマラソン」

が行われました。

この大会は「徳山周南法人会」が主管する行事で、もう10回を数えることと

なりました。


運営も24時間態勢なので多くのボランティアが必要。

運営スタッフは大変なんですが、年々参加チームが増え、150チームの募集が

すぐに募集終了となる盛り上がりです。


私もスタッフとして協力しなければならない立場ながら、なかなか土日は時間が

取れず、夜に少しだけ大会本部に顔を出してきました。

24zikann.jpg


第10回の特徴について、徳山周南法人会藤井秀尚青年部会長からのメールを

ご紹介します。

  昨日、最後の実行委員会があり出席してきましたが
  今年の目玉は何と!1人でエントリーされた方がいらっしゃる
  ということです。
  24Hマラソンではなく、24時間走といって1人で24時間
  走るという競技もあって世界大会もあるそうです。
  また女性だけのチームとかケーブルテレビの生中継もあります。
  そんな盛りだくさんの10回大会です。


1チーム15名なんですが、

1人でエントリーの方の結果、興味深いですねえ。

29日正午、まもなくゴールです。

2013年09月23日

ブライダルフェア

今日、遠石会館では「披露宴演出フェア」開催。

開場前にぐるっと回って、スタッフのみんなが頑張った準備を拝見。


13.9.23.jpg
 エントランスの受付


13.9.23.2.jpg
 コーディネート会場「千歳」


13.9.23.3.jpg
 コーディネート会場「連理」


13.9.23.4.jpg
 コーディネート会場「比翼」


スタッフの努力が通じて、今日一日、沢山のご来場と沢山のご成約があることを

祈りつつ、私はウロウロせずに留守番中です。


遠石会館では、続いて10月6日にも、「婚礼料理賞味会&神前式セミナー」

が開催されます。

  遠石会館HPイベント http://toishi1014.com/event/


いよいよ秋の婚礼シーズンとなりましたねえ。


遠石会館は、二人のこころが固く結ばれる神前結婚式、

みんなの気持ちが幸せになる披露宴を目指しています!


そして、仲のいい夫婦、和やかな家庭が、世の中に一組でも多く増えていくことを

願って奉仕していきたいと思います。


しかし、結婚を迎える男女って、ほんとに幸せの真ん中なんでしょうね。

ご来館のみなさん、みんなお顔が輝いてますよ~。

2013年09月22日

琉球舞踊への誘い

今年で11回目を迎えた「鎮守の森コンサート」は、

一昨年好評を博した『琉球舞踊への誘い』のアンコール公演。


約350名のお客様にご来場いただき、琉球文化の華と呼ばれる琉舞の世界を

2時間に亘って鑑賞していただきました。


13.9.20.1.jpg

 古典舞踊から創作舞踊まで様々な演目。


13.9.20.2.jpg

 演目ごとに替わる衣裳も楽しみの一つ。


13.9.20.3.jpg

 静かで厳粛な踊りあり、テンポの早い賑やかな踊りあり。


13.9.20.0.JPG

 公演前には、遠石八幡宮神前で奉納舞踊も。


舞踊は、照屋倫子琉舞道場「紅倫の会」より、会主照屋倫子さんを始めとする

8名の踊り手。そして、地謡(じうてー)は神谷好弘さんを始め6名が出演。

皆さん、数々の受賞歴があり、国内外で活躍の方ばかりです。


また、今回も出演者とご縁の深い宮崎義敬先生が司会と解説をお務め下さいました。

宮崎先生の幅広い解説で、琉舞のみならず琉球の歴史文化に魅力を感じられた方も

多かったのではないでしょうか。


歴史や文化も魅力的ですが、沖縄は人柄も素敵です。

ご一緒すると、沖縄に行きたくなってしまいます。

2013年09月16日

御神幸祭

台風18号の影響、被害が日本各地で出たようです。

心からお見舞い申し上げます。

各地の神社のお祭りにも、影響があったことと思います。


当宮も昨年の「御神幸祭」を、台風の影響で中止したのを思い出します。

しかし今年の「御神幸祭は」、お陰様で、暑いくらいの秋晴れの下で

ご奉仕できました。

「赤子まいり」にも、昨年中止だった影響もあるのでしょう、多くの赤ちゃんの

お参りがありました。

DSC_0258.jpg


お子さん、お孫さんは、何と言っても家族の主役。

泣いても笑っても、家族を幸せな気持にしてくれますね。

DSC_0262.jpg


「赤子まいり」終了後、神輿の渡御「御神幸祭」を奉仕しました。

「御神幸祭」にも、たくさんの子供たちが行列に参加してくれ、華やかで賑やかな

お祭りとなりました。


15日の「本殿祭」、今日の「御神幸祭」。

氏子地域の平安と発展を祈る秋季例大祭も、ここに無事終了しました。


因みに、今日の取材などで「神幸祭(じんこうさい)」の意味について、

何回か質問を受けました。


神様や天皇陛下など貴人が外出されると人々に幸せをもたらすという信仰から、

これを御幸(みゆき)と言います。

そして、神様の御幸を神幸(じんこう)、天皇陛下の御幸を行幸(ぎょうこう)

と呼びます。


つまり、御神幸祭は、神様の乗った御神輿が練り歩くことで、地域の人々に幸せを

もたらしてくれるお祭り、という意味なんですね。

どうぞみんなに幸せが訪れますように。


2013年09月13日

松山へ

神社関係の大会で、松山に行ってきました。


DSC_0289.jpg
 広島の宇品港から松山観光港へ、高速艇初乗船。
 このルートは早い!


DSC_0298.jpg
 折角来たんだからと「道後温泉本館」で裸のつき合い。
 お陰で夜は熟睡。


DSC_0302.jpg
 翌日は、「坂の上の雲ミュージアム」そして「伊豫豆比古命神社」へ。
 念願のお参りができました。


DSC_0306.jpg 
 「愛媛県護国神社」にもお参り。
 正岡子規を始め文化や産業で貢献した郷土の方も祀ってありました。


DSC_0312.jpg 
 大会の清興は「太鼓集団 雅(みやび)」。
 樹齢900年の樹根太鼓は日本一だそうです。


DSC_0313.jpg
 記念講演に金 美麗さん登場。
 いつも通りの歯切れのいいお話しでした。


松山、いいところですねえ。

でも旅は、何処に行くかより誰と行くか。

日頃なかなかお話しする機会のない方々と、いろんなお話しができて、

貴重な機会となりました。

秋の祭りと行事

9月15日・16日は、当宮の秋祭り。


この時期は例年台風が発生しやすく、今年も心配していましたが、

18号も山口県には上陸せず、ギリギリ東に逸れてくれそうです。


八幡さまの秋祭りは、旧暦の8月15日、中秋に行うという伝統をもった神社が

多いはず。どこの八幡様も同様な心配をされておられることでしょう。


15日は、氏子崇敬者の代表の方々に参列頂いて「本殿祭」を行います。

そして敬老の日、今年は16日の午後5時から「御神幸祭(ごじんこうさい)」。

御神輿が参道の階段を下り、御旅所まで渡御します。


御神幸祭のチラシPDF

どうぞお参り下さいませ。


また、20日には11回目を迎える「鎮守の森コンサート」を開催します。

今回は、一昨年好評を頂いた「琉球舞踊への誘い」のアンコール公演です。

舞踊8名、地謡(じうてー)6名の一行が繰り広げる、華やかで心に響く

琉舞の世界をお楽しみ下さい。


コンサートのチラシPDF

チケット販売中です。どうぞご来場下さい。


遠石八幡宮HPお知らせ http://toishi.co.jp/hachiman/lightcase/index.php

2013年09月05日

東北の幸を味わう会

NHKの朝ドラ「あまちゃん」の人気はすごいようですね。

私も、夜23:00、家にいるときはBSで楽しんでます。

先日は、震災の場面もあったようですが、見逃してしまいました。


遠く離れた山口で暮らし、月日が経つと、震災のことを思い出すのは、

何かきっけかがあってのこと。

よって、ずっと支援活動を続けている人から、思い出す機会を時々与えて

もらいます。


遠石会館がサポートしている女性グループ「ぺぶる」の編集長松原香織さんは、

南三陸町に支援を続けていて、今ではすっかり地元の人たちと仲間。

そんなご縁で、この度、被災地で頑張っておられる海の男4名がやって来られ、

下記にて「東北の幸を味わう会」が開催されます。


              記

 日 時 : 9月9日(月) 19:00~21:30

 会 場 : 遠石会館

 参加費 : 7,000円

 内 容 : 第1部 被災地からの声『あの日とこれから』

        第2部 東北の幸を味わう会

            東北の物産品の直売

 
遠石会館も趣旨に賛同し協力しての開催です。

南三陸の海の幸と東北の地酒をしっかりと味わって頂きたいと思います。

そして、南三陸の人とのふれあいで、何かを感じて頂ければ幸いです。


お申し込み、遠石会館(TEL 0834-32-2181)まで。

詳しくは、

「へぶる」編集長のヒトリゴト http://pebble-pebble.jugem.jp/

2013年09月01日

富士山

今年、世界文化遺産となった富士山。

その山頂は富士山本宮浅間大社の境内。

山頂には、「奥宮」と「久須志神社」(北口奥宮)があります。


  富士山本宮浅間大社・奥宮 http://fuji-hongu.or.jp/sengen/okumiya/index.html


夏休みの長男が、8月19日から、山頂の神社での奉仕に行っておりました。

9月2日までの予定が、台風や秋雨前線の影響で少し早めに下山となったようです。

山頂は、低気圧の中にいるようなものなんでしょうねえ。

下山の日は、ものすごい風が吹いていて、匍匐前進したところもあったっとか。


昨夜いろいろ話しを聞きましたが、約2週間山頂でご奉仕できたことは、とても

いい思い出になったようです。

水が貴重な山頂では風呂には入れなかったとか、酸欠にならないよう食事を

腹六分にしてたとか、外国人の多さにびっくりしたとか、85才で10回目の方が

いたとか、いろいろ楽しそうに話してくれました。


送ってきた山頂での写真です。


20130826_051111.jpg
    御来光


20130827_173152.jpg     20130827_181500.jpg
    影富士                             夕日 


信仰の山、霊峰富士。

私もいつか、いつか、登拝してみたいものです。