« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月30日

百田尚樹さん周南市へ

百田尚樹さんの講演会。

会場の周南市文化会館は、立ち見が出るほどの超満席でした。


詰めかけた約2000名を前に、探偵ナイトスクープのおもしろネタで笑わせ、

『永遠の0』と『海賊とよばれた男』に込めた思いで胸を熱くさせてくれました。


251129-1.jpg


講演会終了後、関係者による囲む会がありました。

現在、本にテレビに超多忙な百田さんがこうして時間を割いて下さったのも、出光興産さんとの

ご縁によるものでしょう。

この日も午前中から、『海賊・・・』に登場する「徳山製油所」を見学されたそうです。


私は一言ご挨拶しかできませんでしたが、出光関係者の方の話では、『海賊・・・』に登場する

人物については出光関係者以外は実名というお話を伺い、一つ疑問が解けました。


251129-2.jpg


雑談の中から、『海賊・・・』は、映画化、ドラマ化されるようなお話も耳にしました。

周南市民としては、徳山がロケ地に加わると嬉しい限りですが。


そして、映画「永遠の0」がいよいよ12月21日に公開です。

これは、息子にも必ず観るよう勧めなければなりません。

「永遠の0」は、日本人が忘れてしまいつつある大切なことを、多くの世代に感じさせてくれると

思うからです。


命がけの戦いというものの苦しみ。

命の重さ、尊さ。

彼らは誰のために戦ったのか。

本当の強さとは何なのか。

そして何より、

命をかけて、家族を、国民を、日本を守ってくれた人たち、「英霊」への感謝の気持ちを。


今の日本のために、映画も大ヒットとなることを願って止みません。

    映画「永遠の0」  http://www.eienno-zero.jp/aboutthemovie/

2013年11月27日

伊勢と京都

神宮式年遷宮記念の「全国神社関係者大会」で、伊勢へ。

伊勢に前泊、京都に後泊。

伊勢と京都の紅葉も楽しみにして出かけました。


251125gekuu.jpg
  外宮。月曜日の朝というのに多くの参拝者。まずは正宮に御垣内特別参拝。


251125kyuusyadenn.jpg
  続いて正宮の旧社殿を拝観。神様が引っ越されて一気に古くなった気がします。


251125uzibashi.jpg
  内宮へ。曇り空でしたが、宇治橋から見る山々もだいぶ色付いていました。


251125naikuu.jpg
  正宮の御垣内特別参拝にも多くの人。ご奉仕の神主さんも忙し~い。


241125kagura.jpg
  大会では、國學院大学の生徒さんによる神楽舞「河水久澄」の初披露も。
  練習を重ねての初舞台。ブラボー!


251125kitano.jpg
  「北野天満宮のもみじ苑」へ。宿直だったK先輩に苑内をご案内いただきました。
  豊臣秀吉公が築いた土塁の跡に250本の紅葉があります。


251125kitano2.jpg
  ライトアップされた夜の紅葉は、幻想的で華やか。男だけで見るのはもったいない風景。
  紅葉と竹林のコントラストもきれいでした。


 「河水久澄」(かすいきゅうちょう)

   明治期の神宮祭主であられた久邇宮朝彦親王が詠まれた御歌。

   御裳裾川(みもすそがわ)は、内宮の宇治橋が架かる五十鈴川の旧名。


     「みづきよく いまもながれて かみのます みもすそがはは にごるよぞなき」


もうすぐ師走。

まもなく今年が行き、来年が来ます。

心がにごらないように心がけ、新年を清々しく迎えたいものです。

2013年11月22日

深秋

200131021.jpg

昨日はお休み。

紅葉でも、と山口市の徳地まで出かけました。

お昼は、なかなか行く機会の無かった徳地のそば屋さん「樽」で。

家庭的な雰囲気のお店で、十割そばと新米のおむすびを食べてホッコリしました。


明日はもう「勤労感謝の日」ですねえ。

新穀を神様にお供えし、感謝する「新嘗祭」(にいなめさい)の日。

当宮でも、神田で収穫されたイセヒカリをお供えして9:00から祭典。

そして、午後からは「しめ縄」づくりの奉仕も行われます。


%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AC%E3%83%BC.jpg

それから今夜は、間もなく「ボージョレヌーボー・コンパパーティ」の開始。

遠石会館で、20代・30代・40代の独身男女、約100名がワイワイ盛り上がる

ようです。様子が気になりますが、中には入れません。

こちらも、今年の葡萄の収穫祭みたいなものですよね。


そして明日は、子供達が商店街で仕事体験する「こどもっちゃ商店街」。

遠石会館もウェディングの司会やスタッフの体験で出展します。

勤労を体験し、勤労に感謝する心を育む、いいイベントです。


秋も深まり、おいしい食べ物がたくさん収穫され、収穫や勤労に感謝する祭典や

行事が盛りだくさんとなりました。

2013年11月17日

七五三

11月は「七五三」で境内は賑やかです。


晴着を着せてもらって満面の笑顔の子。

嬉しくて走り回って怒られちゃう子。

ご機嫌斜めで「いや~いや~」って泣いちゃってる子。


でも、本殿でお参りする時は、みんなちゃんと神妙な顔で手を合わせてます。

ほんとに、「かわいい盛り」ですねえ。

神様も微笑んでおられることでしょう。


男子女子共に3才で髪を伸ばし始める「髪置」(かみおき)

男子が5才で初めて袴を着ける「袴着」(はかまぎ)

女子が7才で初めて大人の帯を着ける「帯解」(おびとき)

それぞれの節目の歳に、健やかな成長を祈って神社にお参りします。

そして、長寿を願って「千歳飴」をいただきます。


日本は、こうして、子供の成長の節目を大切にしてきた国です。

昔は、病気をせず子供が無事成長することがとても大変な時代でした。

しかし、今も昔も子供の成長を願う親の気持ちは変わりませんよねえ。


%E4%B8%83%E4%BA%94%E4%B8%89.jpg

近年、七五三にも、少子化高齢化という社会の変化が現れております。

主役であるお子さんの数が減少傾向、脇役である大人の数が増加傾向。

おじいちゃん・おばあちゃんがお若く、一緒のお参りが増えました。

昔も今も、「孫の晴着姿」は何よりの楽しみですもんねえ。

2013年11月10日

新しいワインと新しい出会い

ボージョレヌーボーを飲みながら、新しい出会いを楽しみましょう!

遠石会館とぺぶるが主催する合コンパーティーです。


20代、30代、40代の独身男女が対象。

女性のお申し込みは順調で、年代によっては締切間近!

男性諸君のお申し込みを待ってま~す!

お酒が苦手な方もお気軽にどうぞ!


お申し込み、お問い合せは

遠石会館   TEL0834-32-2181

ぺぶる編集室 TEL0834-34-8872


_%24B%25_%258%25g%253%25sI%3D_%28B.jpg
_%24B%25_%258%25g%253%25sN__%28B.jpg

2013年11月08日

樋渡市長さん

takeosicyou.jpg

佐賀県武雄市、樋渡啓祐市長さんの講演会がありました。


人口5万人の佐賀県武雄市は、ツタヤを運営するカルチャーコンビニエンスクラブに

指定管理を委託、ツタヤ・スタバのある市の図書館として話題になりました。

今や武雄市図書館のスタバの売り上げは、全国(世界だったかな)第2位という

驚くべき数字になっているそうです。

その理由は、居心地の良い場所だから滞在時間が長くなるからとか。

  
  武雄市図書館 http://www.epochal.city.takeo.lg.jp/winj/opac/top.do


樋渡市長の方針は「稼ぐ自治体をつくり税収を上げ、福祉などにお金をまわす」。

地元産品を販売する通販サイトも立ち上げて好調とか。

市役所の組織や権限委譲も大胆且つユニーク、だから市長も飛び回れる。

「次は教育で面白いことをやりますよ」、と武雄市から目が離せませんね。


東大→総務省→市長と、もともと優秀な方なんでしょうが、脅迫されたり、

リコール受けたりと選挙や批判に鍛えられて、こんなに強くなられたんだろうなあ

とも感じました。

発想力、実行力、発信力、すごい市長さんです。


周南市が、駅ビルの建て替えに武雄市のような図書館を入れたい、と発表したばかり

だけに、市民にとって非常に興味深いお話しとなりました。