« 2015年05月 | メイン | 2015年07月 »

2015年06月20日

モチモチの木

rsDSC_0937.jpg

周南市美術博物館で開催中の「滝平二郎の世界展」に行ってきました。


滝平さんの「きりえ」と木版画。

輪郭の太い線や大きな目が印象的でした。

人のやさしさ、たくましさが力強く伝わってくるようでした。

絵心のない私でも感じることの多い作品展でした。


滝平氏の「きりえ」は、数多くの絵本となっているようです。

その中の「モチモチの木」という絵と話しがとても印象に残ったので、絵本を買って帰りました。


絵本「モチモチの木」は、斎藤隆介作、滝平二郎絵 です。

山の中でおじいさんと二人で暮らす主人公は、夜中に外の便所へ一人で行けないほどの臆病な子。

ある夜に腹痛をおこしたおじいさんを助けようと、勇気を振り絞り里のお医者さんを呼びに行くという

物語です。


勇気を出してお医者さんを呼びに行ってくれた主人公におじいさんが言った言葉。

   「 じぶんで じぶんを よわむしだなんて おもうな。

     にんげん、やさしささえあれば、やらなきゃならねえことは、きっと やるもんだ。 」


深いいでしょ~。

やさしさが大きい人は、実は強い人なんだってことですね。


このお話しは、かつて小学校の教科書にも使われていたそうですが、

こういう絵本を子育て世代の親子にぜひ読んでほしいものです。


「滝平二郎の世界展」 7月26日まで周南市美術博物館で開催中です。


             周南市美術博物館 http://s-bunka.jp/bihaku/

2015年06月15日

夏越の大祓

DSC_0870.jpg

6月は、無事に夏を過ごすことを願い「夏越の大祓」(なごしのおおはらえ)を行います。

6月1日より、本殿前に「茅の輪」(ちのわ)を設置しました。


この「茅の輪」は、スサノオノミコトが「茅の輪を身に着けると難を逃れられる」と

教えたことに由来するもので、「茅の輪」をくぐることで知らずに犯してしまった罪、

日々の生活で溜まっってしまった穢れ(気枯れ)を祓い清めるのです。


神道では、心身の清浄を尊び、「祓い」(はらい)を大切にします。

祓いで、心身を清浄に戻し、元の気(元気)を回復するという信仰です。


また、「人形」(ひとがた)に自分の罪穢れをうつす「人形祈願」も行っています。

流しびなの原形といわれる古来からの祓いの作法です。


人形に罪穢れをうつし、茅の輪をくぐって、心身を健やかに保つことで、

体調を崩しやすい夏を無事にお過ごしください。


6月30日の最終日には、「夏越の大祓」の締めくくりの神事として

午後4時より「大祓式」(おおはらえしき)を行います。

午後から厄除けのお菓子「水無月」の接待もあります。

どうぞお参りください。


遠石八幡宮HP 6月の行事案内 http://www.toishi.co.jp/hachiman/topics/index.html#6

2015年06月07日

首相公邸と首相官邸

6月恒例の会議でお江戸。

会議日程の前に、高村副総裁秘書、安倍総理秘書のご案内で、

首相公邸と首相官邸を見学してきました。


DSC_0948.jpg
 高村代議士の事務所は、衆議院第一議員会館7階。
 ここから眺める国会議事堂はなかなかの迫力。


DSC_0950.jpg
 同じく高村代議士の部屋からの首相公邸(左)と首相官邸(右)。
 ドローンが落下した官邸の屋根。その場所にはまだ囲いが残っていました。


新官邸ができるまで官邸だった現在の公邸。

80年以上前に建築された、歴史と風格のある見事な建物でした。

正面玄関には、二二六事件の痕跡も残っていてびっくり。

銃弾で穴の開いた窓ガラスや、将校の焚火で焦げた床も、あえてそのままにしてありました。


DSC_0915.jpg
 西階段は、内閣発足時に閣僚がならんで記念撮影をする、あの階段です。


DSC_0937.jpg
 正面階段は、総理執務室や閣議室へつながるため「男の花道」と呼ばれるとか。 


DSC_0922.jpg
 大ホールでは総理主催の晩餐会や式典などが行われるそうで、楽団ブースもありました。
 装飾が素敵で、各国の来賓の多くが、ここでの晩餐会を希望されるそうです。

  
DSC_0939.jpg
 総理執務室。小泉純一郎総理までの歴代総理が国政を動かしてきた部屋。
 この「総理の椅子」は、宮沢総理時に張り替えられたそうです。


歩いて官邸へ移動。

官邸は警備スタッフも多く、報道陣も集まっており、物々しい雰囲気。

この日は、フィリピンよりアキノ大統領夫妻が来日で、総理もお忙しいとのことでしたが、

なんと、安倍総理に面会いただく幸運に恵まれました。


            DSC_0946.jpg
             官邸の総理応接室。勝海舟揮毫の掛け軸の前で。
              同行していた次男も未知の世界に興奮気味。


積極的な平和外交のため、世界を飛び回る安倍総理。

日本と世界の安全のため、安全保障や憲法の改正に立ち向かう安倍総理。

どうぞご健勝で、一層ご活躍くださいますようお祈りします。