« 毛利徳山藩最後の藩主 | メイン | 若鯉来たる! »

春祭りの後で

4月15日は当宮の春祭り、「春季例祭」をご奉仕しました。

宮司として3回目の春季例祭奉仕は、好天に恵まれ、初夏を思わせる温かさとなりました。


rsS1020183.jpg


春と秋の祭りの後の直会(なおらい)の席で、何をお話ししようかと毎回思案しますが、

今年はどうしても憲法改正の事についてお話ししておきたいと、

こんなことをお話ししました。


ちょうど震災から1年を迎えた熊本は、今日、慰霊の日を迎えていることでしょう。

地震大国と言われ、首都直下地震や南海トラフ地震も心配される今日。

わが国の災害への備えは、今のままで十分大丈夫なんでしょうか?


今日は、本当に北朝鮮からミサイルが飛んでくるかもわかりません。

もはやわが国は、平時ではなく、有事に直面しています。

国の守りは、今のままで本当に大丈夫なんでしょうか?


安倍首相の長期安定政権下、戦後最大の宿題である「憲法改正」がいよいよ

実現的なものとなりつつありますが、改正すべきであるとされるいくつかの重要項目の中に、

緊急事態条項の新設と、自衛隊を明記する、があります。


「緊急事態条項」は、世界の多くの国が憲法に定めており、

災害救助、災害支援、テロ対策などを法規に基づいて速やかに実施するためのものです。


また、国民の大多数が支持し、なくてはならない「自衛隊」の存在が、

憲法に明記されてないままなのは、安全保障体制の強化や自衛権を行使することに

決定的な障害が生じます。


どちらも、国を守り、国民の生命・財産を守るために必要不可欠な法律です。

それが、憲法には不備のまま70年を経て今日を迎えています。

私たちは、このままで、孫子の代へ放置してしまっていいんでしょうか?


来年は明治維新150年を迎えますが、維新の発端も欧米列強の植民地支配が

アジアに広がる中、国を守るために志士たちが立ち上がった改革でした。

草莽崛起が国を動かしました。


わが国に有事が迫っている今、国を守ることを、そのための憲法を改正することを、

国民一人ひとりが行動する時がきています。


今年の5月3日は、憲法施行70年目の憲法記念日です。

70年間一言一句変えられず、世界最古となった今の憲法の不備を、

国民が考える日となってほしいと願います。