« 若鯉VS若虎 | メイン | キャンドルづくり »

言霊(ことだま)

今日から水無月。

今朝の月次祭は約70名の参列があり、いつもより賑やかでした。


月次祭は毎月1日の6時から。

周南倫理法人会の清掃奉仕は、偶数月第1木曜日の6時から。

今朝はこれがちょうど重なったからでした。


今日は、祭典後「言霊(ことだま)信仰」についてお話ししました。

日本は「言霊の幸(さき)わう国」。

言葉には霊(たましい)が宿ると考え、言葉を大切にしてきました。

言葉の乱れは心の乱れとなり、世の乱れともなります。

良き人間関係をつくるためにも言葉を大切にしたいものですね。


倫理法人会の皆さんが職場で学ばれる『職場の教養』にも、365日、

言霊のこもった文章が綴られています。

言霊が心に届くことで、学びが気付きに、実践にとつながるのでしょう。

会員の皆さんは、いつも気持ちよく参加しご奉仕してくださいます。


そして、水無月は「夏越(なごし)の祓い」をして、無事に夏を越せるよう

「茅(ち)の輪」をくぐります。


  水無月の 夏越の祓いする人は 千歳の命 延ぶというなり

と唱えながらくぐるとよいとされますが、これもまた言霊信仰ですね。


今日から30日まで本殿前に設置していますので、どうぞお参りください。


rsDSC_1145.jpg