« 2017年06月 | メイン | 2017年08月 »

2017年07月27日

藤園忌

児玉神社のご祭神である「児玉源太郎之命」の命日にあたる7月24日。

児玉源太郎顕彰会役員の皆さんによる「藤園忌(とうえんき)」の参拝をお迎えしました。

「藤園」は児玉源太郎大将が用いた号です。


rsDSC_1218%EF%BC%91%EF%BC%97%EF%BC%97%EF%BC%92%EF%BC%94%EF%BC%91.jpg


児玉源太郎大将の命日は23日と24日両方の説が伝わるのですが、

神社では史料に多い23日に、これまで神職だけで命日祭を斎行してきました。


しかし、昨年発足した「児玉源太郎顕彰会」が「藤園忌」を行うにあたりさらに調査をされ、

顕彰会では24日に「藤園忌」を行うこととされました。


前日には「藤園忌茶会」が催され、24日午後には興元寺の墓前にもお参りをされ、

8月末まで「藤園忌俳句」も募集をされています。


rsDSC_1227%EF%BC%91%EF%BC%97%EF%BC%97%EF%BC%92%EF%BC%94%EF%BC%92.jpg


児玉源太郎大将没後111年目となる今年の命日が、顕彰会の皆様のおかげで

多くの方にご参加いただき盛儀に執り行うことができ有り難い限りです。


明治の御代に、命が救われた日本の現状は「内憂外患」。

内に課題山積し、外から危機が迫っています。


命は、天上からご覧になられながら何をお思いであろうか?

もし命が生きておられたならどんな策を打たれるであろうか?


「救国の神」児玉源太郎之命の命日にあたり、思いを巡らせました。

2017年07月12日

初めての新潟

結婚披露宴に招かれて初めての新潟。

涼しいかと思ったら、すごい猛暑でした。


rsDSC_1162%E5%A4%A7%E9%98%AA%E7%A9%BA%E6%B8%AF.jpg

大阪空港から新潟空港へは、ボンバルディアでした。

ちっちゃい飛行機って怖いもんですねえ~


rsDSC_1177%E5%85%AB%E6%B5%B7%E5%B1%B1.jpg

昼間は暑くてホテルから出られず、日が陰りだして古町を探検。

飛び込んだお店が大当り!

地元の人にも愛される「濱せい」さん。

八海山で有名な八海醸造の方々と隣り合わせに。


rsDSC_1184%E4%B8%87%E4%BB%A3%E6%A9%8B.jpg

ホテルの真ん前が新潟の象徴「万代橋」。

暑くて渡るのは止めました。


rsDSC_1197%E7%99%BD%E5%B1%B1%E7%A5%9E%E7%A4%BE.jpg

朝の内に新潟総鎮守「白山神社」へお参り

今日の結婚式の新郎さんは、ここの祢宜さん!


rsDSC_1202%E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F.jpg

新郎新婦も来賓も、料理もお酒も豪華な披露宴でした。

2017年07月02日

大祓と七夕

今日は「半夏生」。

「半夏生」の頃には大雨が降るそうで、半夏雨、半夏水とも言われるとか。

29日の夜中、まさにそんな豪雨がありました。


6月30日の「夏越の大祓」も天気が心配でしたが、祭典中は雨が降らず

本殿前で無事ご奉仕ができました。


rsDSC_1152%E5%A4%A7%E7%A5%93.jpg


この夏、地域に災いのありませんように、みんなが健やかに夏を越せますように、

祓い清めの神事を行い、参列者と共に祈りました。


翌、7月1日には七夕祈願の笹竹を本殿前に設置しました。

短冊を笹竹につけるようになったのは、夏越の大祓の「茅の輪」の両側に立てた

笹竹につける風習が始まりだとか。

大祓と七夕、昔はつながってたんですねえ。


rsDSC_1160%E4%B8%83%E5%A4%95.jpg


7月7日まで、短冊に願いを書いて奉納できます。

短冊はご祈祷受付の横で記入でき、無料です。

「星の神様に願いを」

どうぞお参りください。