« 2017年08月 | メイン | 2017年10月 »

2017年09月25日

キャンドルナイト2017といしの杜

9月24日、日中の日差しが弱まり、日も沈み始めた夕刻より、

遠石八幡宮境内と遠石会館館内で、「キャンドルナイト2017といしの杜」が

開催されました。


今年も多くの皆さんにご来場いただきました。 

ありがとうございました。


また、夏からキャンドルづくりをして下さった皆さん、

当日お手伝いして下さった皆さんや出店して下さった皆さん、

ご協賛いただいた皆さんや各方面でご協力いただいた皆さん、

すべての方々のお陰で無事盛会に終了しました。

心から感謝です。


rsDSC_13420924.jpg

rsDSC_13470924.jpg

rsDSC_13500924.jpg

rsDSC_13560924.jpg

rsDSC_13580924.jpg


13回目を迎えたキャンドルナイトは、昨年から9月下旬の開催。

天候にも恵まれましたが、日暮れも早くなり涼しさの漂う秋の夜は、

キャンドルの灯りを楽しむのにピッタリでした。

2017年09月23日

神社・お祭り自由画コンテスト

山口県神社庁主催の「第25回神社・お祭り自由画コンテスト」で、

徳山小学校2年の吹田容子(ふきだようこ)さんの作品が、

山口県神社庁長賞を受賞されました。


今回は県内から527点の応募があり、その中で上位3賞への入賞という成績です。

よって、遠石八幡宮へお越しいただき賞状と記念品を贈呈しました。


rsDSC_13390923.jpg


容子さんは絵が好きなほかに、いくつもの習い事をされているとのことで、

ほんとは絵も習ってみたいと話してくれました。

これからさらに、絵にも神社にも興味を膨らませてくれるよう願います。


受賞作品は、11月末まで、遠石会館のロビーに展示しております。

どうぞご覧ください。

2017年09月16日

台風と秋の行事

台風18号が強い勢力のまま接近中です!

周南市へは、17日昼頃最も接近する様子。

神社は秋季例祭の時期にあたり、天気が心配でなりません。


15日の「本殿祭」は無事行うことができましたが、18日は「御神幸祭」。

台風による大きな被害がなく、17日中に通過してくれれば、どうにか行うことが出来そうです。


ちょうど17日は地元の小学校の多くが運動会を予定しているようですし、

秋の行事もあちこちでいろいろ予定されていて、多くの方が心配されていることでしょう。

私も主催の一人で、多くの方がお集りの予定であった会は、やむなく延期となりました。


また17日は、伊勢の神宮では、「神宮大麻暦頒布始奉告祭」が斎行される日。

「お伊勢さんのお札」と「神宮暦」を全国津々浦々の家々に配ることを神様に奉告する

お祭りで、各都道府県神社関係者の代表が参列して行われます。

これから、神宮→各神社庁→各支部→各神社→各家々とお祭りを重ねた後、

年末年始にそのお札が家や会社の神棚へと祀られます。

全国から無事集まられるとよいのですが。

 
当宮では、来週24日には「キャンドルナイト2017」を開催の予定です。

次の台風がやってこないことだけを祈ります。

「キャンドルナイト2017」の内容は、下記からご覧ください。


キャンドルナイト2017チラシ


キャンドルナイト2017内容

2017年09月11日

秋の旅

先週は、三重県、愛知県、大分県、熊本県へと、行楽の秋となりました。


先ずは、神道政治連盟山口県本部の「山口県議会議員懇話会」の研修旅行の引率で、

伊勢の神宮へ。

県会議員の先生方15名と共に、内宮・外宮の御垣内特別参拝をしてまいりました。

お伊勢参りが初めての方もあったり、御垣内参拝が初めての方もほとんどで、

神宮への理解を一層深めていただく有意義な機会となりました。


翌日は、県会議員の先生方と別れ、我々は三河の国岡崎の岩津天満宮へ。

rsDSC_12560905.jpg

rsDSC_04970905.jpg

服部宮司さんは、神道政治連盟で日頃よりご指導いただいている方でもあり、

いつかお参りをしたいと願っていた神社。

境内の随所に宮司さんの感性と気配りが行き届いた神社でした。


二日置いて、山口県八幡宮会の研修旅行で、大分県、熊本県へ。

初日は、豊後の国耶馬渓の雲八幡宮へ。

カッパ祭りが有名で、カッパの像が参道で出迎えてくれます。

rsDSC_12660908.jpg

rsDSC_12720908.jpg

秋永宮司さんは、数年前同会の研修会へ講師としてお迎えしたご縁もあり、

熱心な教化活動の数々に、一同感心しながらお話しを拝聴しました。


翌日は、肥後の国一の宮阿蘇神社へ。

昨年の震災で大きな被害を受けられた阿蘇神社。

当日の様子を始め今の様子など、権禰宜さんより詳しいお話しをいただき、

恐怖と苦労の一端を想像することができました。

rsDSC_12890909.jpg

rsDSC_12960909.jpg

楼門と拝殿が崩壊。楼門は解体復旧作業中で、拝殿は仮拝殿で祭事を行っておられます。

幸い本殿が無事だったということ。

阿蘇神社の本殿三社は、一般の神社と違い向かって左が上位で、左が一の宮、

右が二の宮、そして最後に真中奥のお宮となっているそうです。


参拝後は、熊本城へ。

rsDSC_13070909.jpg

暑いさなかでしたが、多くの方々が復興中の熊本城を見に来ておられました。

熊本の象徴、熊本城の復興は多くの人が待ち望むところです。

2017年09月01日

二百十日

9月1日、涼しさに秋の気配を感じる朝。

清々しく月次祭を奉仕できました。

見上げれば真っ青な秋の空。 遠くにはうろこ雲も見えました。

rsDSC_1251100901.jpg


今日は「二百十日」。

台風などに用心すべき日と言われますが、稲穂の実り始める頃でもあり、

稲作にとっては心配な時期です。

台風さん、どうぞ日本列島にお越しになりませんように!


神社でプランター栽培の「イせヒカリ」も、気が付けば稲穂に実りがしっかりと。

rsDSC_1250170901.jpg

早いもので10日には、神田で「抜穂祭」(ぬいぼさい)、稲刈りを行う予定です。

まだまだ日中は暑い日が続きますが、

黄金色の田んぼが、秋の訪れを感じさせてくれる頃となりました。