« 2017年11月 | メイン | 2018年01月 »

2017年12月30日

初詣・新春の行事

         %E5%88%9D%E8%A9%A3.png

        *** 遠石八幡宮 初詣行事のご案内 ***


【初詣特別授与品】

 新年の運試し 干支守「福みくじ」  初穂料500円(空くじなし)

  大晦日0:00 ~  3:00   元日8:00 ~ 20:30

    2日9:00 ~ 19:30   3日9:00 ~ 18:00(無くなり次第終了) 
                             

  今年から大晦日深夜の福みくじは一時閉店いたします。ご了承ください。

 
 お守・お札・破魔矢・熊手・絵馬・おみくじ 

  1日0:00 ~ 22:30 / 2日7:30 ~ 21:30 / 3日7:30 ~ 20:30

 
【新春特別祈祷】

  1日0:00 ~ 20:00 / 2日9:00 ~ 19:00 / 3日9:00 ~ 18:00   


【初詣ふるまい行事】

  1月 1日 11:00  山縣本店様奉納 鏡開き「御神酒」 約300名無料配布 
 

  1月 2日 11:00  遠石八幡宮神田米 「イセヒカリ」 約300名無料配布


  1月 3日 11:00  天津閣様奉納 開運「勝栗」 約300名無料配布

 
🚘 初詣臨時駐車場のご案内 🚘

   1月1日から3日は、遠石八幡宮周辺道路は交通規制を実施しております。

   初詣臨時駐車場の「周南緑地公園野球場周辺」をご利用ください。

   くれぐれも、違法駐車や迷惑駐車をなさらないようにお願いします。


         %E7%B5%90%E5%A9%9A%E5%BC%8F.png

         *** 遠石会館 新春行事のご案内 ***


≪ 新春婚礼ご相談会 ≫ (予約優先) 

  1月 2日 (火) 10:00 ~ 17:00 /  3日 (水)  10:00 ~ 17:00


≪ ブライダル衣裳 展示&試着会 ≫ (要予約)

  1月20日(土) 10:00 ~ 21:00

    21日(日) 10:00 ~ 17:00


≪ 婚礼料理 無料賞味会 ≫ (要予約) 

  1月21日(日) 12:00  

2017年12月25日

師走の大祓

師走は、あれもこれも、年内に年内にと、気持ちが落ち着かないものです。

これも、新年を気持ちよく迎えたいと願うからではありますが、

そのためには、今年の最後を清々しく終えることが大切ですね。


全国の神社では、12月31日に、今年後半の罪やケガレを祓う神事

「師走の大祓」(おおはらい)が行われます。

当宮も、初詣の準備をすべて終えた31日午後4時から本殿にて行います。

ご希望の方はどうぞご参列下さい。


『神社さんぽ』や『祭りさんぽ』の作者、イラストレーター上大岡トメさんが、

ご自身の一年の大祓をしてほしいと当宮へ。

今年で4年目のお参りです。


rsDSC_14341225.jpg


神社や神様について、神職とは違った視点だったり、情報だったりをお持ちなので、

私もトメさんとお話しできるのを毎年楽しみにしています。


12月27日(水)20:15からのNHK「さし旅」にも、神社マニアの一人として出演。

「他のマニアの人のレベルがすごいのなんのって!」とのこと。

どうぞご覧下さい。

  http://tomekami-topics.tumblr.com/tagged/news

2017年12月23日

新年の装い

当宮では、12月1日の大絵馬の掛け替え以降、

14日のすす納神事、17日のしめ縄の掛け替えと、迎春準備も進み、

25日の巫女さん研修会から、いよいよ準備も大詰めとなります。


境内にある「撫牛」(なでうし)のよだれ掛けが、新調されているのに今日気づきました。

これはどなたかの奉納品で、そっと名乗らずに掛け替えられていました。

有り難いことです。

rsDSC_14221223.jpg


「撫牛」には、自分の体の悪いところや大切にしたいところを撫でて、病気を癒したり

怪我しないようにと願う信仰があります。

きれいなよだれ掛けを着けてもらい、撫牛も清々しくお正月を迎えられます。


この度、お参りし易いようにと少し場所を引っ越しました「お稲荷さん」。

そのお使いの「狐さん」にも,、新しい前掛けが奉納されました。

有難うございます。

rsDSC_14231223.jpg

rsDSC_14241223.jpg


撫牛さん、狐さんも、新年の装いで、皆さんのお参りをお待ちしています。

2017年12月02日

師走となりました

今年もいよいよ師走を迎えました。

年齢を重ねるごとに、年々一年が短くなると言いますが、そうですね~


1日には、恒例の大絵馬の掛け替えを行いました。34回目となります。

rsDSC_13801201.jpg

来年の干支は、戊戌(つちのえいぬ)。

戌の親子の図柄で、お参りの方々に、家族や家庭を大切にする心を感じてほしいという

願いを込めています。

そして、犬は安産で多産。

世の中に新しいことがどんどん生み出される年にも、なってほしいですねえ。


2日は「徳山酒の会」による献酒祭を行いました。

酒造りが本格化してくる時期、酒造の安全と繁栄を祈りました。

rsDSC_13781202.jpg

献酒祭を始めた当時は、16の酒樽が飾られていましたが、今は寂しくなりました。

徳山税務署管内の酒造場は現在4社で、山縣本店様とはつもみぢ様が参列下さいました。


山口県酒造組合会長でもある山縣社長からのお話しでは、

昭和50年当時県内には約140の酒蔵があったが、現在は約20蔵に。

しかし、若手後継者たちの活躍で出荷量はここ10年伸び続けている。

全国で出荷量が減少する中、これは山口県だけのことだと。


確かに、山口県の酒はおいしくなりましたし、有名にもなりました。


  山口県の銘酒一覧 http://y-shuzo.com/member/index2.html


しかし日本酒は、日本の国酒ながら日本で飲まれるお酒の5%程度。

フランス国内ではワインが40%、ドイツ国内ではビールが60%を占めているそうです。

日本酒の量の少なさと、フランス、ドイツの国酒の占める割合の高さにビックリ。


国酒は、その国の伝統や文化の象徴でもあります。

日本の国酒が、世界でも、そして国内でも、さらに愛されるといいですねえ。


春には、美味しい新酒が出来上がるのを楽しみにしています。