« 大相撲九州場所 | メイン | 新年の装い »

師走となりました

今年もいよいよ師走を迎えました。

年齢を重ねるごとに、年々一年が短くなると言いますが、そうですね~


1日には、恒例の大絵馬の掛け替えを行いました。34回目となります。

rsDSC_13801201.jpg

来年の干支は、戊戌(つちのえいぬ)。

戌の親子の図柄で、お参りの方々に、家族や家庭を大切にする心を感じてほしいという

願いを込めています。

そして、犬は安産で多産。

世の中に新しいことがどんどん生み出される年にも、なってほしいですねえ。


2日は「徳山酒の会」による献酒祭を行いました。

酒造りが本格化してくる時期、酒造の安全と繁栄を祈りました。

rsDSC_13781202.jpg

献酒祭を始めた当時は、16の酒樽が飾られていましたが、今は寂しくなりました。

徳山税務署管内の酒造場は現在4社で、山縣本店様とはつもみぢ様が参列下さいました。


山口県酒造組合会長でもある山縣社長からのお話しでは、

昭和50年当時県内には約140の酒蔵があったが、現在は約20蔵に。

しかし、若手後継者たちの活躍で出荷量はここ10年伸び続けている。

全国で出荷量が減少する中、これは山口県だけのことだと。


確かに、山口県の酒はおいしくなりましたし、有名にもなりました。


  山口県の銘酒一覧 http://y-shuzo.com/member/index2.html


しかし日本酒は、日本の国酒ながら日本で飲まれるお酒の5%程度。

フランス国内ではワインが40%、ドイツ国内ではビールが60%を占めているそうです。

日本酒の量の少なさと、フランス、ドイツの国酒の占める割合の高さにビックリ。


国酒は、その国の伝統や文化の象徴でもあります。

日本の国酒が、世界でも、そして国内でも、さらに愛されるといいですねえ。


春には、美味しい新酒が出来上がるのを楽しみにしています。