« 選挙に、節分に、図書館に | メイン | 児玉神社例祭 »

古地図を片手に歩く

今年は「明治維新150年」。

欧米がアジアを次々と植民地化する中、700年続いた武士の時代から、近代国家建設への

大変革が行われた「明治維新」。

西洋の進んだ制度や技術に学びつつ、初代神武天皇の国づくりの精神に立ち返り、

天皇を中心とした日本独自の国づくりがなされたのです。

鉄道や電気、政治や法律、学校や紙幣、生活を支える様々なものが、明治の近代化に

よって始まっています。


長州もその歴史の中心で大いに活躍しましたが、萩本藩のみならず、支藩徳山藩にも

明治維新ゆかりの歴史はたくさんあります。

そこで先日、「古地図を片手にまちを歩こう」に参加して、ボランティアガイドさんの案内で

ゆかりの地を訪ねてきました。


rsDSC_1448kotizu.jpg
 江戸後期の「徳山藩御家中屋敷絵図」


児玉神社→旧藩学館跡→国司信濃自刃跡→毛利家墓所→旧藩角場跡→浅見安之丞・

児玉次郎彦生誕地→北の関門礎石→徳山藩館邸跡→児玉源太郎産湯之井戸


城下町徳山の様々な歴史を、ゆっくりと間近に感じることが出来ました。

現場に行ってみて、初めて知ることや改めて感じることがありました。


今年は、毛利徳山藩最初の藩主毛利就隆(なりたか)公と最後の藩主毛利元蕃(もとみつ)公

を祀る「祐綏(ゆうすい)神社」において、4月22日(日)11:00から「明治維新150年奉祝祭」

を行う予定です。

その前後、午前中には明治維新ゆかりの歴史探訪、午後には記念講演会も予定されています。

明治維新150年の年に、ゆかりの歴史に触れ、日本の来し方を知り、行く先を考える年に

したいものです。